経営陣
エディ・ケーペル

エディ・ケーペル

社長兼CEO, Manhattan Associates

エディ・ケーペル

社長兼CEO, Manhattan Associates
エディ・ケーペル(Eddie Capel)は、マンハッタン・アソシエイツの社長兼CEO (最高経営責任者) を務めており、取締役会のメンバーでもあります。 ケーペル氏は2013年1月に現職に就くまで、マンハッタンの社長兼COO (最高執行責任者) として当社を率いてまいりました。 それ以前は、副社長兼COO (最高執行責任者) を務めていました。 ケーぺル氏は、自身の20 年以上の経験をサプライチェーン企業戦略やオペレーションの監督に活かしています。  2000年6月にマンハッタン・アソシエイツに入社する前は、リアル・タイム・ソリューションズ (RTS) でCOO兼オペレーション担当 VP (副社長) など、さまざまなポジションを務め、ウォルマート、アマゾン・ドット・コム、J・C・ペニーなどの企業のサプライチェーン戦略をサポートするチームを主導しました。 前々職は工業自動化 / ロボティクス・システム・インテグレーター、ウナルコ・オートメーション社のオペレーション担当ディレクターを務めました。 ウナルコ入社前は英国 ABB ロボティクス社でプロジェクト・マネージャーおよびシステム・デザイナーとして勤務していました。
デニス・ストーリー

デニス・ストーリー

取締役副社長兼CFO(最高財務責任者), Manhattan Associates

デニス・ストーリー

取締役副社長兼CFO(最高財務責任者), Manhattan Associates
デニス・ストーリー(Dennis Story)は、2006年3月にマンハッタン・アソシエイツに入社し、EVP(執行副社長)およびCFO (財務最高責任者) を務めています。 前職は、投資情報サービスを提供する公開会社、フィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービシズ・インクの財務担当 SVP (上級副社長) として、またこの会社に合併されたグローバル支払処理会社のサーティジーでも財務担当 SVP (上級副社長) として務めました。 サーティジー社に入る前は非公開会社の物流プロバイダー、ニューローズ・インクの CFO を務めていました。 その前職では、エキファックス社の SVP (上級副社長) 兼コーポレート・コントローラーを務めています。 ストーリー氏はクーパーズ・アンド・ライブランドの公認会計士としてキャリアをスタートさせました。  ケネソー州立大学を卒業しています。
リンダ・ピネ略歴

リンダ・ピネ

上級副社長、グローバル・コーポレート・コントローラー、最高会計責任者(CAO), Manhattan Associates

リンダ・ピネ

上級副社長、グローバル・コーポレート・コントローラー、最高会計責任者(CAO), Manhattan Associates
リンダ・ピネ(Linda Pinne)は2005年7月にマンハッタン・アソシエイツに入社し、SVP(上級副社長)、グローバル・コーポレート・コントローラーを兼任し、また2016年1月より最高会計責任者(CAO)に就いています。 それ以前、ピネ氏は2005年7月より南北アメリカのコントローラー、また2007年1月より上級副社長および経理・財務担当を務めていました。 マンハッタン・アソシエイツに入社する以前ピネ氏は、金融サービスの株式公開会社であるInterCept, Inc.の支払い処理部門にあたるInterCept Payment Solutionsにて、2002年から2005年まで財務担当バイスプレジデントとして従事していました。 その前は、Arthur Andersenで監査マネージャーを務めていました。 ピネ氏は公認会計士の資格を持ち、ウェイクフォレスト大学にてビジネスと会計の理学士を取得しています。
サンジーブ・ショティア

サンジーブ・ショティア

上級副社長兼最高技術責任者, Manhattan Associates

サンジーブ・ショティア

上級副社長兼最高技術責任者, Manhattan Associates
サンジーブ・ショティア(Sanjeev Siotia)はマンハッタン・アソシエイツのSVP(上級副社長)および最高技術責任者(CTO)を務めており、社の技術部門の戦略とビジョンを運営する責任を任されています。 ショティア氏はオムニチャンネルおよびサプライチェーンのアプリケーションスペースにて業界トップの製品を概念化して実現する24年以上にも及ぶ経験をもってマンハッタンに入社しました。 2014年8月にマンハッタン・アソシエイツに加わる前、ショティア氏はCharles River Ventures(CRV)の駐在企業家として勤務し、またIBM、Sterling CommerceおよびYantra Corporationにて数々の経営幹部リーダーシップの地位に就いていました ショティア氏はインド、ワーラーナシーにキャンパスがあるバナラス・ヒンドゥ大学のインディアン工科大学にて化学エンジニアリングの技術学士を取得しています。
ブルース・リチャーズ

ブルース・リチャーズ

上級副社長兼最高法務責任者, Manhattan Associates

ブルース・リチャーズ

上級副社長兼最高法務責任者, Manhattan Associates
ブルース・リチャーズ(Bruce Richards)は、マンハッタン・アソシエイツの SVP (上級副社長) 兼 CLO (最高法務責任者) として 2011 年 8 月に入社し、 マンハッタン・アソシエイツのグローバルな法務関連業務に加え、契約管理や会社の企業倫理を担当しています。 マンハッタン・アソシエイツの前職は、テイラー・イングリッシュ・ドゥーマ, LLP のパートナーとして働いており、企業内弁護士として企業間取引、法的規制に関する豊富な知識と経験を有しています。 前々職は上場会社のテレクレジット・エキファックス・アンド・サータジーのゼネラル・カウンセルを務めており、ウィットネスシステムズの暫定ゼネラル・カウンセルを務めた経験もあります。 リチャーズ氏はスタンフォード大学の学士号ならびに UCLAの法務博士およびMBA を 取得してい ます。
テリー・ゲラティー

テリー・ゲラティー

上級副社長兼最高人事責任者, Manhattan Associates

テリー・ゲラティー

上級副社長兼最高人事責任者, Manhattan Associates
テリー・ゲラティー(Terry Geraghty) は、グローバル・ヒューマン・リソース担当 SVP (上級副社長) として 2008 年 1 月にマンハッタン・アソシエイツに入社しました。 経営管理、リーダーシップ、能力開発、給与・福利厚生、企業買収・合併に関連する人事の一切について責任を担っています。 前職では、経営者のリーダシップ・スキル向上支援に特化したグローバル組織開発会社、リンケージのプリンシパル・コンサルタントを務めました。 リンケージ社の前職はマッケッソン・コーポレーションで、6500 名の従業員を擁するグローバル・ヘルスケア・インフォメーション・テクノロジー事業部門の人事担当SVP (上級副社長) を務めました。 また、ハリス・コーポレーションでも多くの職歴があり、人事部長として品質と人事に関する責任を担っていました。 ゲラティー氏は、ミネソタ州カレッジビルのセントジョンズ大学の心理学の学位およびミネソタ大学の産業関係学の修士号を取得しています。
ジェフ・キャッシュマン

ジェフ・キャッシュマン

上級副社長、事業開発担当, Manhattan Associates

ジェフ・キャッシュマン

上級副社長、事業開発担当, Manhattan Associates
ジェフ・キャッシュマン(Jeff Cashman)は、マンハッタン・アソシエイツのビジネス開発担当SVP(上級副社長)を務めています。 キャッシュマン氏は製造業向けERPソフトウェア・ソリューションに特化した公開会社のマピックスから2005年1月にマンハッタン・アソシエイツに入社しました。前職では VP (副社長) 兼インターナショナル・オペレーション部門 GM (統括責任者) を務めており、 プロフェッショナル・サービス担当VP (副社長) およびCMO (最高マーケティング責任者) も務めています。 前々職はサプライチェーン・イベント管理ソフトウェア・ソリューション・プロバイダー、ビューロシティにて執行役員を務め、マクヒュー・ソフトウェア (現在のレッド・プレーリー) のマーケティングおよびビジネス開発担当SVP (上級副社長) を務めた経験もあります。 元々はアクセンチュアの出身で流通 / 物流ソフトウェア企業の分析やサプライチェーン戦略立案の分野で10年以上の経験があります。 キャッシュマン氏はイリノイ大学を卒業しています。
ニコル・オルーク  マンハッタン・アソシエイツ

ニコル・オルーク

上級副社長兼最高マーケティング責任者, Manhattan Associates

ニコル・オルーク

上級副社長兼最高マーケティング責任者, Manhattan Associates
ニコル・オルーク(Nicole O’Rourke)は上級副社長兼最高マーケティング責任者を務め、マーケティング、アナリスト関連、またコミュニケーションの責任を担っています。 2016年にマンハッタン・アソシエイツに入社する以前、オルーク氏は世界的な製薬開発企業であるCovance Inc.で最高マーケティング責任者並びに評議会のメンバーを務め、マーケティングと戦略プランニングのあらゆる場面で先導的な役割を担っていました。 Laboratory Corporation of Americaによる買収を受け、オルーク氏は、セールス、クライアントサービス、セールスオペレーション、マーケティングなど、両社間の経営統合を牽引しました。 Covanceの前は、医療保険会社のAtena Inc.,にて、広告およびブランドマネジメント部門の副社長、またブランド戦略部門の副社長などをリーダーシップの役割を担う機会が増えていきました。 また、Johnson & Johnsonカンパニーのグループ会社である、McNeil Consumer Productsでも7年に亘る製品管理の経験を有しています。 オルーク氏は、以前Big Brothers, Big Sisters and Rebuilding Togetherの現地役員を務め、またMarketing Science Instituteの法人役員の職にもついています。 オルーク氏はコーネル大学の英文学学士号、ノースウェスタン大学J.L.ケロッグスクールのビジネス管理の修士号を取得しています。
ステュワート・ガント

ステュワート・ガント

上級副社長、プロフェッショナルサービス担当, Manhattan Associates

ステュワート・ガント

上級副社長、プロフェッショナルサービス担当, Manhattan Associates
ステュワート・ガント(Stewart Gantt)はマンハッタン・アソシエイツの南北アメリカ・プロフェッショナルサービス担当SVP(上級副社長)です。 この任務にて、アメリカ大陸のプロフェッショナルサービスの活動全域とクラウドオペレーションを監督しています。 ガント氏はサプライチェーン業界にて21年以上の業務経験をもつ経験豊富なソフトウェア部門の幹部です。 ガント氏は1995年7月、コンサルタントとしてマンハッタン・アソシエイツに入社し、2011年に現在の職務に昇格しました。 マンハッタン・アソシエイツでの長い在職期間に、ガント氏は数々の部門(R&D、製品管理、CSO)での任務に就いていますが、そのほとんどは顧客に対する様々なサービス任務に費やしています。 ガント氏はジョージア工科大学の機械エンジニアリングで化学修士を取得しています。
ボブ・ハウエル

ボブ・ハウエル

上級副社長、米国担当, Manhattan Associates

ボブ・ハウエル

上級副社長、米国担当, Manhattan Associates
ボブ・ハウエル (Bob Howell) は、当社米国担当上級副社長です。 米国のセールスとアカウント管理を統括しています。 ハウエル氏は、サプライチェーン業界でのセールスとマーケティングの経験が13年以上ある、経験豊富なソフトウェア・エグゼクティブです。 2006年10月、米国のセールス部門にセールス・ディレクターとして入社し、2012年から現在の役職に就いています。 弊社に入社以前の2000年から2006年までは、共同サプライチェーンプランニング・ソリューションのプロバイダー、Logility, Inc.において様々なセールス・エクゼクティブの役職に就いていました。 1995年から2000年の間は、主にパルプ製紙産業向けのコンピュータプロセス制御ソフトウェア及びスキャニングセンサーのプロバイダーである Measurex, Inc. (Honeywell Internationalにより買収)のアカウント・エクゼクティブを務めました。 ハウエル氏は、マイアミ大学の製紙科学・工学で理学士号を取得しています。
アンリ・スルー略歴

アンリ・スルー

上級副社長、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当, Manhattan Associates

アンリ・スルー

上級副社長、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当, Manhattan Associates
アンリ・スルー(Henri Seroux)はマンハッタン・アソシエイツのパリ業務を2002年に立ち上げ、現在はヨーロッパ・中東およびアフリカ地域のSVP(上級副社長)を務めています。 この任務では、イギリス、フランス、オランダの各オフィスの営業とオペレーション、また北欧、東欧、中東およびアフリカの各地のGeoPartnerを監督しています。 マンハッタン・アソシエイツの前、スルー氏はサプライチェーン業における技術と流通に特化した小売業のコンサルティング会社を自ら経営していました。 その前は、Richter Systems(現Jesta)にてヨーロッパ・中東・アフリカ地域のバイスプレジデントを務め、1995年にはパリオフィスを開設し、ヨーロッパ最大のアパレル/フットウェア小売業にサービスを行っていました。 スルー氏の小売業に関する専門知識は30年以上にわたり垂直的かつ、3年間のアメリカ勤務も含めいくつかの大陸をまたぐ業務により培われています。スルー氏はESSECビジネススクールにてマネジメント部門のサイエンスの修士号を取得しています。
ロブ・トーマス

ロブ・トーマス

上級副社長、グローバル研究開発担当, Manhattan Associates

ロブ・トーマス

上級副社長、グローバル研究開発担当, Manhattan Associates
ロブ・トーマス(Rob Thomas)は2010年8月にマンハッタン・アソシエイツに加わり、マンハッタンのグローバル研究開発組織のSVP(上級副社長)として従事しています。 トーマス氏は企業ソフトウェア開発で25年以上、特に過去20年はサプライチェーンに特化した経験を持っています。 この任務では、マンハッタンの幅広い製品群の設計、開発、発表を監督しています。 マンハッタン・アソシエイツに入社する前は、IBM、ManugisticsまたJDA Softwareにて勤務し、与えられる職務の責任のレベルがますます上がっていきました。 トーマス氏はニューヨーク州立大学ニューパルツ校にて化学学士、またポリテクニック・インスティテュート・オブ・NYUにてコンピュータサイエンスの化学修士を取得しています。
ウシャ・ティルマラ

ウシャ・ティルマラ

上級副社長兼インド・ゼネラルマネージャ, Manhattan Associates

ウシャ・ティルマラ

上級副社長兼インド・ゼネラルマネージャ, Manhattan Associates
ウシャシュリ・ティルマラ(Ushasri Tirumala)は2009年2月にマンハッタン・アソシエイツのインド開発センター非公開有限責任会社に入社し、2012年よりSVP(上級副社長)兼ゼネラルマネージャの任務に就いています。 それ以前は、マンハッタン・アソシエイツ・インドオペレーションのVP(副社長)兼マネージングディレクターを務めていました。 ティルマラ氏はマンハッタンに入る前はCisco Systems Private Limited(インド)のシニア・マネージングディレクター(GDC-IT)、Force Computersのマネージングディレクター、Compaq/HPの一部門であるDigital Globalsoftの最高技術責任者(CTO)を務めていました。 ティルマラ氏はインド企業および多国籍企業にて数々の重要なポジションに就いてきました。 キャリアの焦点は技術関連のマネジメント、戦略企業アプリケーションのエリアに置かれています。 加えて、ティルマラ氏はマンハッタン・アソシエイツのウィメンズ・イニシアティブ・ネットワークの共同議長です。 ティルマラ氏は、インド、ハイデラバードにキャンパスを置くジャワハーラール・ネイルー・テクノロジカル大学にて電子工学の技術修士を取得しています。 また、インド、バンガロールのインディアン・インスティテュート・オブ・マネジメントにて大学院ディプロマを取得しています。