Supply Chain Convergence概要
サプライチェーンコンバージェンスの台頭

倉庫保管と物流、企業間ネットワークの機能差を埋めることが、多数の業界で今まで以上に重要になってきています。 こういった部門間のプロセスの集中は、より的確な対応を可能にするだけでなく、さらに高い収益への扉を開きます。

下記内容の実現を支援します。
入荷生産性を 20%~ 40% 増加させ、入荷貨物の可視化により労務費を低減させます。
上流で検査機能を持つことにより、納品精度とオーダー充足率を向上させます。
LSPやサプライヤーとの協業を促進し、役割を元に決められたブラウザーベースのゲートウェイへの専有アクセスによりLSPやサプライヤー間の可視性を増大
在庫フローを効率化する直接発送を取り入れ顧客の要求に対応
在庫の動きと、優れた在庫コントロールと意思決定を処理するLSPにリアルタイムの可視性を実現
短時間でより多くの荷受作業が行なえ、遅延やチャージバックをなくします。
運送会社や各種施設に、セルフサービスで予約スケジューリングが行なえる機能を提供します。
構内の貨物や関連する在庫、およびセキュリティのために可視性を向上
構内で稼働している機器の管理を強化し、効率を最大化