提供するための総費用
実施計画

納品までに掛かる提供コストの分析により、調達から顧客への販売に至るまでのそれぞれの製品の全てのコストを把握できます。 当社のTotal Cost to Serveソフトウェアは、個別の取引が行われるたびに、また購買注文が発行される前であっても、それを捉え、各製品の特徴が費用にどのように貢献しているかを基にサプライチェーンのあらゆる時点における提供のための総費用を更新します。

特徴 & 機能
調達に関するより適切な判断
サプライヤーとの価格交渉の成功を確かなものに
SKUの合理化を可能に
ルーティングへの影響を把握 
契約したサービスの正確なコスト把握
前払料金と先方払い料金の比較評価が可能
適切な物流センターのフロー経路を決定
サプライヤー・パッケージングに関する決定の影響を把握
付加価値サービスの潜在的利益への貢献度をご理解下さい