マンハッタン・プラットフォーム
1つのプラットフォームが、多くのベネフィットをもたらします。

当社はこの業界で唯一の専業的テクノロジー企業として、お客様に大きな価値と影響をもたらす革新的な取り組みをしております。単一かつ統合的なテクノロジーアーキテクチャーを含め、以下の3つの大きなメリットをご提供します。

  1. 部門横断型ビジネスソリューション 
  2. 総所有コスト
  3. 共有コンポーネントの有益性 

部門横断型ビジネスソリューション 

サプライチェーン全体にわたる輸配送費、労務コスト、ハンドリングチャージなどの諸経費の分配機能は、ある商品を最終顧客に提供するまでの総費用(TCO) を算出する機能であり、通常大規模な連携と調整作業が必要になります。 

総所有コスト(TCO)

当社のプラットフォームは、IT責任者に一貫性を持ったTCOの提示を実現します。 セキュリティ、人材、システム設定および統合など、あらゆる分野にわたる管理を単一のツールセットで行なえるため、スケールメリットを得ることが出来ます。 標準のテクノロジー、開発ツールおよび言語の使用により、必要な技術スキルが市場から調達可能であることを保証しています。

共有コンポーネントの有益性 

ある企業が複数の異なるシステムを所有している場合、企業全体で多くの重複機能が見受けられることがあります。 ヤード管理や路線便発送機能、および在庫可視化などが例として挙げられます。 重複したシステムは、異なる命名規則により発生する単純な混乱だけでなく、予約漏れや支払取消し等、高額で複雑なデータが同期しなくなるという様々な悪影響を及ぼすこともあります。

このプラットフォームベースのアプローチにより、世界中の当社のお客様は、彼らの顧客との距離を縮め、 ROI の改善を達成するだけでなく、次のようなメリットをも享受されいます。

  • 在庫費用 10 ~ 25 % 削減
  • 労務コスト 15 ~ 30 % 節約
  • 物流コストの売上高比率 1 ~ 3 % 低減 
  • 輸送費 10 ~ 25 % 削減

マンハッタン・プラットフォームにより、リアルタイムまたは事前に状況の把握および対応ができ、常にパフォーマンスの最適化が図れます。