記事

小売業における在庫の必須事項:インテリジェントに在庫を使う

著者: Manhattan Staff,
The Retail Inventory Imperative: Using Inventory Intelligently

在庫とは、オムニチャネルの小売業における基礎的要素のひとつです。生命を構成する6つの基礎的要素、つまり硫黄、リン、酸素、窒素、炭素そして水素と同じように、在庫の質が落ちれば、オムニチャネルの小売業者の生命も脅かされるのです。小売業の管理職の者ならば、在庫精度の低下がもたらすリスクを知っているはずです。HRC Retail Advisory社による調査では、在庫が不正確だと、オンライン購入+店舗受取り(BOPIS)などのサービスにおける一貫性が崩れると確信している小売業の管理職は、66%に及ぶことがわかりました。

小売業における在庫の必須事項に関する最後の記事投稿では、顧客販売の取引では小売業者は、それがどのチャネルであっても、販売可能な在庫を非常に正確に示す必要があるということを述べました。在庫可用性が明確に見えてこなければ、オムニチャネルのエクスペリエンスの質は低下し始めることになります。近くの店舗で商品の同日受取りができると約束していながら、その商品を受け取れない事態が発生したりするためです。

グローバルな在庫可視性を備えた注文マネジメントなどのビジネス機能があれば、販売取引中にどのチャネルでも明確な可視性を得られるようになり、小売業者にとって大きな恩恵があります。グローバル在庫を補完するような在庫の制約ビューがこれに加われば、在庫の可視性がさらに高まります。制約されたビューがあれば、小売業者はどの在庫に販売可用性があるかを定義そして設定することができるからです。例えば、近くの小売店舗に販売可能な在庫がある場合、どういったときに同日受取りが運営上可能であるかを定義しておけるわけです。

在庫の真の販売可用性を定義そして提示することは、オムニチャネルの小売業者として生き残るためには重要です。しかし、小売業者は生き残る以上のものを求めています。より健全な経営を求めているのです。つまりカスタマー・ロイヤルティや、生涯にわたった価値を改善させ、そしてオムニチャネル経営の利益性を向上させることで、健全になりたいということです。健全になるとは、グローバル在庫の可視性以上を手に入れることを意味します。

販売可能な在庫の使用を最適化すれば、小売業者は顧客の満足度を高め、またオムニチャネルの利益性を向上させることができます。その注文管理システムは、在庫の可用性を理解するだけにとどまらず、顧客と小売業者の双方にとって最もメリットのある方法で、その販売可能な在庫を使用する方法を決定できるようになっている必要があります。

典型的なビジネスシナリオについて考えてみましょう。顧客がLサイズの青いセーターを翌日配達で注文したとします。近くの店舗にはその在庫があるため、顧客の要望を満たすことができるとします。Order Management System(注文管理システム)が、在庫供給や地理的な近接性、そして送料と手数料などを基準にこの店舗をフルフィルメント用として選択します。

ところが、顧客への約束を満たしながら、同時に小売業者の利益性を改善することもできる、より良い選択肢も存在するのです。近隣の店舗(店舗A)は注文を満たすことはできるものの、青のセーターのLサイズの在庫は7着しかありません。それに対して、距離的にも近くて顧客との約束を満たせる別の店舗(店舗B)には、Lサイズの青いセーターの在庫が25着あります。小売業者にとっては、店舗Bで余った在庫処分のために値引きすることを回避するためには、店舗Aではなく店舗Bの在庫を優先させた方が、メリットがあります。マンハッタン・アソシエイツのオムニチャンネル フルフィルメント ROI 計算機能は、そういったフルフィルメント最適化の向上により、値引きコストを最大25%削減できると推定しています。

その他にも、利益性を向上させながら顧客との約束を果たすために在庫使用を最適化できる方法がたくさんあります。例えば、複数の物流センターからバラバラに出荷するコストを避けるために、店舗在庫を使って受注処理をすれば通常の発送方法で済む、と言ったことなどです。

注文管理システムにインテリジェントなフルフィルメント最適化機能があれば、フルフィルメントのソーシングをリアルタイムに最適化することができるため、小売業者は在庫ネットワークの規模や複雑さ、またはトポロジーに関係なく、利益性を改善させながら顧客との約束を果たすことができるようになります。そういった機能では、在庫可用性や制約そしてビジネス状況のさまざまな組み合わせをリアルタイムに調整、そして再調整する高度な学習アルゴリズムを使いながら、フルフィルメントで在庫をどのように使うかを継続的に最適化することができるのです。

Manhattan Order Management(注文管理) with Adaptive Network Fulfillment (ANF) は、そのインテリジェントなフルフィルメント最適化を用いて在庫やフルフィルメント、輸送、店舗、そして顧客などを網羅する膨大な数のパラメータをリアルタイムに分析し、デジタル注文の利益性を最大化しながら、確実に顧客との注文約束を果たせるようにします。例えば、ANFは最適なフルフィルメントのルーティングを判断するにあたり、在庫深度や販売率などの機会費用を計算そして考慮します。機会費用を考慮することにより、販売者は、在庫深度のあるロケーションを活用できるよう、発送費用にやや重みをかけるといったことができるようになります。

この仕組みや、それによるビジネスメリットに関する詳細は、Manhattan Active™ Omni Adaptive Network Fulfillmentまでどうぞ。また、Omnichannel Fulfillment ROI Calculatorも是非ご利用ください。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために