プレスリリース

店舗スタッフがより多くの時間を顧客対応に振り向けることを可能に マンハッタンが新たな店舗在庫管理・引当出荷ソリューションを発売

TOKYO, 2016年05月16日

東京都港区、代表:清水博、本社:米国Manhattan Associates, Inc. - NASDAQ: MANH)は、店舗在庫管理および引当出荷作業を最適化するための新たなオムニチャネル向けソリューション「Store Inventory & Fulfillment」を発表いたしました。
この最新製品では、店舗スタッフが在庫をリアルタイムに閲覧できるほか、あらゆる販売チャネルを対象としたオーダーの処理と出荷作業を、1つのモバイル機器から行うことを可能にします。

米国Manhattan Associates社の製品管理担当ディレクター Vikas Aron(ヴィカース・アロン) は次のように述べています。
「小売業者にとっては、消費者の購買ニーズが加速度的に膨らんでいる中で、増大するオーダー量に確実に対応し、迅速な配送を当然のように行うことが、ますます大きな負担となってきています。当社が提供する店舗在庫管理および引当出荷最適化のためのソリューションの最新の機能を活用すれば、顧客がどこで購入したかに関わらず、店舗スタッフは常にオーダー状況を可視的に掌握し、迅速な配送を実現するための商品引当出荷が行えるようになります。その結果、消費者には満足度の高い商品購入体験を提供することが可能になります」

これまで店舗在庫の管理は、伝統的にPOSシステムや販売管理ソフトによって行われてきました。しかし、効率的なオムニチャネル・インフラを構築する上では、店舗レベルでの在庫を正確に把握するということが最も重要な要件のひとつとなってきています。
このたび発表した新たな店舗在庫管理および引当出荷最適化ソリューションは、マンハッタン・アソシエイツが提供するオムニチャネル運用プラットフォームの広範な機能の一部を構成しており、システム統合などの追加作業なしに、店舗内商品管理や、ピッキング、店舗からのダイレクトかつ迅速な発送を行うことができる、業界最高クラスの店舗運用機能を搭載しています。
主な機能は次のとおりです。

  • 店舗内商品のピッキング: 
    店舗スタッフは、単一のモバイル機器から個別の店舗IDを入力し、注文商品をピッキングすることで、顧客を待たせることのない即時発送が可能になります。
    さらに、新しいピック・ツー・スロット機能(商品棚から出庫し、レジ裏の仮置き棚に一時保管)により、店舗スタッフは、それぞれのオーダーごとの商品の仕分けを一度の作業で完了することが可能になり、梱包から出荷までの時間を大幅に削減することができます。
     
  • 在庫と引当作業の高度な連携: 
    オーダー処理の過程で現在の在庫で引当できなかった商品に対して、循環棚卸を自動的に指示することが可能です。また、承認された条件下で、出荷できなかったオーダーの再処理や取り消しを自動化することもできます。
  • モバイル機能の強化:
    店舗スタッフは、システム利用にあたって、iPad、iPad mini、iPod touchに加えて、業務用のAndroidおよびWindows端末など、いずれの機器からでもアクセスすることが可能です。オーダーピッキングなど優先度の高い業務に対しては、プッシュ通知を生成するように設定することができるため、スタッフは定期的に情報を確認するためにシステムにアクセスするなどの手間から解放されます。
マンハッタン・アソシエイツについて

マンハッタン・アソシエイツは、企業のあらゆる拠点・窓口を販売チャネルとして機能させることを可能にする、コマース環境を備えたサプライチェーン基盤を提供します。そして、流通ネットワークまたは物流センターからの商品流通を介し、トップラインの成長とボトムラインの収益性の両方を実現させることを可能にした、市場をリードするソリューションを設計、構築、提供。さらに、フロントエンドの販売とバックエンドのサプライチェーンを連携させる当社のソフトウェアとプラットフォーム技術、および他に類を見ない経験が、お客様のコマース環境をサポートし、オムニチャネル市場において利益を確保するための仕組みづくりに寄与します。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために