オーダーストリーミングとは、マンハッタン・アソシエイツが提案する次世代のウェーブレスピッキング方式です。

消費者は、当日や翌日などより早い配達を望んでいる一方、物流センターでは難しい対応が求められます。オーダーストリーミングを活用することで、物流センターではプロセスを調整することが可能となり、対応能力を最大限まで引き上げることが可能になります。これを活用することで、Direct-To-Consumer (DTC) という新たなビジネスモデルに対応することができます。次世代のウェーブレスピッキングとも呼ばれています。

オーダーストリーミングの定義

オーダーストリーミングは、迅速に処理する必要性のある eコマース向け倉庫や物流センター (DC) で発生する複雑なピックシーケンスの問題に対処するために使用されるソフトウェア機能です。オーダーストリーミングは、人的リソースの稼働率のピークと谷を平準化し、注文受注からフルフィルメント完了までの時間を大幅に短縮します。オーダーストリーミングは、人的リソースの稼働率のピークと谷を平準化し、注文受注からフルフィルメント完了までの時間を大幅に短縮します。eコマース向けのフルフィルメントのための機能です。

オーダーストリーミングの仕組み

eコマースウェア向け倉庫では、個々の注文を迅速かつ効率的に処理する必要があります。また、多くの場合、VIP顧客にも対応する必要があります。オーダストリーミングは、作業状況やピッキングタスク、ソータの空き状況などを調整・同期して、システムが倉庫内の変化する状況に適応できるように設計されています。

ビデオ: オーダーストリーミングの簡単な機能解説ビデオ (英語)

たとえば、VIP注文に代表される、システムへの緊急の要求の対応に適しています。「ホットオーダー」という概念を導入し、進行中のタスクからアイテムを横取りし、高優先度の「ホットオーダー」として割り込ませることができます。「ホットオーダー」は、アイテムが梱包され配送準備か完了するまで、優先度の高い「ホットオーダー」として維持されます。在庫を横取りされた注文は、後で履行するためにオーダープールに戻されます。

オーダーストリーミングは、ウェーブピッキングと完全に切り離されているわけではあはりません。マテハン管理システム (WCS) プロバイダの中には、倉庫実行システム (WES) 内の「ウェーブレスピッキング」機能として宣伝しているものもありますが、オーダーストリーミングはウェーブピッキングのフルフィルメントの利点を活用しています。オーダーストリーミングは、常に最も重要な注文を優先するための柔軟性を提供します。さらに、オーダーストリーミングは、優先アイテムをピッキング指示内に挿入することもできます。需要の急増に迅速に対応するための追加スペースや予算が不足している会社にとって大きなメリットになります。

      消費者の期待に応える

      従来の小売業者、卸売業者、およびEC専用倉庫は、それぞれのビジネス上の制約からフルフィルメントのアプローチは様々です。消費者の期待と購買行動の変化が、課題を解決するため、さまざまな開発、戦略、革新に駆り立てています。

      オーダーストリーミングは、そのような革新の1つと言えます。多様で変動する注文を処理するための解決策を必要とする物流センター (DC) にとって、オーダーストリーミングは効果を発揮するでしょう。

      あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために