タイトルの一部を入力し、クリックして "適用"
食料品の注文は、そんなに時間に追われるものなのでしょうか? また、このモデルの財務的な持続性はどうでしょうか? 今回の記事では、これらのトピックを掘り下げ、2022年に何が起こるかを探ってみたいと思います。
2022年に予測される3つのメガトレンドについては、こちらをご覧ください。 アジリティと予測可能性、カスタマー・エクスペリエンス、従業員のエンパワーメント。
サプライチェーン業界のリーダーとして、特にCOP26の開催を受けて、サプライチェーンのサステナビリティに関する話題をより積極的に取り上げるべき時期に来ていると思います。
マンハッタンでは、オムニチャネルの現状を踏まえた上で、Point of Saleに関する質問について、小売業の専門家の協力を得て、Twitterで議論しています。
マイクロサービス・アーキテクチャで構築された、アジャイルで適応性の高いプラットフォームにより、小売業者はどこでも、どんなデバイスからでも、販売、エンゲージメント、フルフィルメントを行うことができます。
最近の消費者の習慣や期待の傾向は、コロナウイルスの流行によって加速され、小売業者は有能な技術によって顧客に対応する必要があります。
マンハッタン・アソシエイツのクラウド型サプライチェーン・ソフトウェアを使用して、小売業者が記録的な速さで店舗からの出荷に移行した事例をご紹介します。
マンハッタン・アソシエイツのビジネス・ディベロップメント・マネージャーであるポール・ティマー氏は、エンドツーエンドのサプライチェーンの可視性、特にリバースロジスティクスが、製薬会社が処方薬と市販薬の両方をより適切に管理して削減するのにどのように役立つかを説明します。
これまでサイロ化されていたサプライチェーンの実行領域を一変させるアプローチにより、マンハッタンはサプライチェーンの統一に向けた取り組みを行っています。
パンデミック後の世界の医薬品業界では、コンプライアンス、トレーサビリティー、エンドツーエンドの可視性が鍵となる。
あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために