記事

サプライチェーンの継続性の決定的な重要性

著者: Manhattan Staff,
The Critical Importance of Supply Chain Continuity

このような時代は、世界中の互いの繋がりと相互依存の関係を認識する時です。新型コロナウィルスが世界中の経済、ビジネス、また個人に影響を及ぼすにつれ、サプライチェーンの役割と継続性が、これほどまでに重要性を増していることはありません。 

スーパーマーケットには生活を維持するための必需品がしっかりと補充され、オンライン注文が弱い立場の人や屋内退避している人にすぐに配達されるように、現在の環境により、21世紀のサプライチェーンが私たちの生活にどのようにあるべきか強調されています。サプライチェーンのレジリエンスと反応性も、地域社会への重要な供給フロー実現し続けて示されています。

一般的にサプライチェーンは単一の企業体として言及されますが、その企業体は数多くの異なる部分と大勢の従業員から成ります。医療業界の英雄達のように、サプライチェーンの従業員も、アセンブリライン担当から集品担当、配達ドライバーまで、この困難な時期に人々の生活と商業を前進させるために第一線で業務しています。

コロナウィルスの世界的大流行以前にも、物流センターは既に人材確保に関しては縮小していたもののバランスを取りながら、時間通りに商品を納品先に配達していました。国全体でロックダウン、自主隔離措置、ソーシャルディスタンシングでますます労働力が制限され、サプライチェーンが極めて困難な課題に面している状況をお分かりいただけるでしょう。

このような課題をよそに、社会はサプライチェーンやそれを支える技術、またそれを動かす人々を、これまでにないほど必要としています。ビジネス、労働力、消費者が屋内退避措置の影響に面して備えるほど、救命用品や生活必需品の棚への補充の必要性が最重要になります。

世界的大流行により引き起こされた需要の急増に応えて、小売業者とEコマース企業は、物流ネットワークのスタッフ数を増加しています。同時に、物流センターは倉庫管理技術を駆使して在庫を判断し、ピークを予測して従業員のシフトローテーションを組んでサプライチェーンの動きを継続させています。

小売業者も各チャネルで在庫とリソースを入れ替えていることが分かります。例えば、多種多様なEコマース注文の増加のために小売業者は店舗在庫をオンライン購入に利用できるようにしています。店舗の休業が増え、数多くのこのような小売業者が店員をオンライン注文のフルフィルメントに移行させています。

現在、手指消毒液やトイレットペーパーの再補充が重要視される以上に、そこには重要なメッセージがあります。サプライチェーンの継続性は、世界的大流行のさなかにあっても、通常にいくらか近い状態を維持するためには不可欠であるという点です。世界は今、この鍵となる業界の創造力、独創性、献身を目にしています。重要な商品を必要としている人の手元に届けるために、前代未聞の需要レベルを克服しようとしている企業の創造力のある、英雄ストーリーに当社は注目しています。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために