記事

Ahold Delhaize社のサプライチェーン・トランスフォーメーション

著者: Steve Banker,
Ahold Delhaize’s Supply Chain Transformation

この記事はForbes誌に掲載されたものです。

2019年12月、世界的な食料品小売企業であるAhold Delhaize社は、自己流通に移行するための3年間の新戦略を支援するために、米国のサプライチェーン事業を変革・拡大するために4億8,000万ドルを投資すると発表しました。自己流通では、同社は以前は外部委託されていた多くのサプライチェーン活動を内部調達しています。  

Ahold Delhaize社は、2016年7月にAhold社とDelhaize Group社の合併により誕生しました。 米国では、Food Lion、Giant Food(Landover社)、The GIANT Company(Carlisle社)、Hannaford、Stop & Shopなどの食料品チェーンを展開しています。 同社は東海岸での存在感が非常にある会社です。 全世界の小売企業の売上のうち、米国の事業は470億ドル以上を占め、全体の60%以上を占めています。

Retail Business Services社のサプライチェーン担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるChris Lewis氏によると、Ahold Delhaize社との合併以前は、Delhaize社が独自に物流を行い、調達もほとんど独自に行っていたという。 一方、Ahold社は、米国最大の食料品卸会社であるC&S Wholesale Grocers社に物流・調達の約70%を委託しています。 Retail Business Services社は、合併後に誕生した共有サービスグループです。 Retail Business Services社は、Ahold Delhaize社の米国事業において、物流を含むサプライチェーンサービス、DCへの調達、サプライチェーン戦略などを担当しています。 

米国では 17のDC(配送センター)は、東海岸の2,000以上の店舗にフルフィルメントを提供しています。 また、別のDCを取得し、2つの冷凍施設を建設中で、コネチカット州に常温のDCをリースしたばかりです。 このネットワークには、年間11億件の案件が流れています。 2023年までに倉庫ネットワークは26施設に拡大する予定です。 12月に発表された取引では、Ahold Delhaize USA社は、今後30~36ヶ月の間に、委託されたすべてのDCを引き取ることになっています。  

「自己管理型のサプライチェーンに移行することで、Retail Business Services社は、サービスを提供するローカルブランドのコストを削減し、棚上げまでの時間を短縮し、ベンダーとの関係を深め、サービスを提供するコミュニティで当社のDCをより適切に配置できるようになります」とLewis氏は述べています。 「これらの変更により、調達、物流、倉庫管理における財務的・戦略的価値を活用し、食料品業界で最も先進的で効率的な配送ネットワークを通じて、最も新鮮な商品を提供することができます。 変革が完了すれば、Ahold Delhaize社は年間1億ドルを節約することができます。」

変革の鍵を握るサプライチェーン・テクノロジー

開設を予定している2つの冷凍倉庫は、高度に自動化された施設です。 Americold社と共同で建設される物流センターには、Dematic社の自動倉庫・検索システム(AS/RS)が採用されます。 この投資により、人件費を削減することができます。 しかし、冷凍されたDCで働いてくれる労働者を確保するのは問題です。 今後、Retail Business Services社では、倉庫のピッキング作業をサポートする自律移動型ロボットの活用も検討していきます。 

Ahold Delhaize社は、サステナビリティに取り組んでいます。 同社のアニュアルレポートは、財務面とサステナビリティ面の両方の結果をまとめています。 アニュアルレポートによると、同社は、Dow Jones Sustainability World Indexにおいて、業界リーダーにランクインしました。 この世界的な食料品メーカーは、前年同期比で炭素換算排出量を4.6%削減しました。 

そのため、自動化と同じくらい重要なのが、冷凍の配送センターの最適な位置を確認することだった。 同社は、LLamasoft社のネットワークデザインソリューションを使用して、これらの倉庫を適切に配置しました。 LLamasoft社のソフトウェアは、輸送、倉庫、在庫維持のコストをトレードオフすることで、コストを削減しながらサービスレベルの目標を達成することができます。 この2つの冷凍施設がオープンすると、この2つの倉庫から店舗までの移動距離が250万マイル削減され、300万ドルの運賃コストの削減と同時に、温室効果ガスの削減にもつながります。

倉庫をうまく配置することで、店舗への注文を満たすためにトラックが走る距離を減らすことができますが、輸送管理システム(TMS)も重要な役割を果たします。 現在、1,000台のトラックが東海岸のネットワークで年間1億2千万マイル以上を走行しています。 TMSは様々な方法で運賃を削減します。 契約配送会社にとっては、TMSは長期契約の交渉を有利に進めることにつながります。 運賃監査機能は、運送業者に過払い金が発生していないかを確認する機能です。 しかし、TMSによる節約の多くは、ルーティングの改善やトラックの積載率の向上によるもので、これらの機能はコスト削減と排出量の削減につながります。 Retail Business Services社は、マンハッタンの輸送管理システム(TMS)を採用しました。 

また、Retail Business Services社では、共通の倉庫管理システム(WMS)の選定を進めています。 WMSはピッキングの効率を高め、人件費を削減します。 トラックが効率的に積み込まれ、スケジュール通りに出発するためには、WMSとTMSが緊密に統合されたソリューションがあれば、相乗効果が期待できます。 Retail Business Services社は、WMSの導入先を最終決定していませんが、マンハッタンのWMSソリューションが候補に挙がっています。 

Lewis氏は、「店舗での複雑さを軽減するために、倉庫作業で複雑さを増すことも厭わない 」と語っています。店舗に到着したミックスパレット(パレットの異なる層に異なる商品が載っているパレット)は、一番上の層がピッキングされて商品がシェルフ(棚)に並べられたときに、次の層の商品が次の仕入れ場所に到達するために店員がパレットを店舗の端から端まで車輪で運ぶ必要がないように設計されていなければならない。

Retail Business Services社では、需要計画と在庫補充システムの導入も進めています。 RELEX社のエンド・ツー・エンドのソリューションは、2021年第1四半期までにFood LionとHannafordの全1200店舗に導入される予定です。 その後、他のバナーにも順次展開していく予定です。 このソリューションは、ブランド固有の機械学習をPOSデータ、販売履歴、プロモーション計画に適用し、より正確に需要を予測します。 需要予測の改善は、在庫レベルを下げてシェルフ(棚)に商品を供給することにつながります。 また、RELEX社のソリューションは自動化に強く、かなりの割合のオーダーに対して自動的に補充オーダーを生成します。 また、RELEX社のシステムは、オーバーライド(店舗への補充オーダー)が少なすぎるとシステムが判断した場合、プランナーに知らせます。 これでは、売上が落ちてしまう可能性があります。 このシステムは、売上損失の警告を生成し、プランナーのマネージャーにエスカレーションします。 これは文化を変える強力な触媒となります。 この在庫の削減は、Retail Business Services社が年間1億ドルのコスト削減を達成するためのもう一つの方法です。

店舗運営やサプライヤーとの連携が重要

このような店舗レベルでのサービスレベルの向上とコスト削減を実現するためには、店舗での在庫精度の向上が鍵となります。 店舗レベルの在庫精度は、近年改善されてきてはいるものの、悪いことで有名です。 Ahold Delhaize社のシェルフ(棚)のサービスレベルの目標は99%です。 ARC Advisory Group社のChris Cunnane氏の調査によると、このサービスレベルを達成している小売店はわずか17%だそうです。食料品店は非常に多くの商品を扱っており、在庫の回転が速いため、食料品業界の店舗レベルの在庫精度は他の小売業に比べてはるかに低いと思われます。

Lewis氏は、店舗の在庫精度を向上させるための最終的な責任は店舗運営にあると説明します。 しかし、RELEX社のソリューションを使用することで、サプライチェーンチームは、店舗の在庫数がSKUに対して間違っていることを予測することができます。 RELEX社のソリューションには、その製品に対してシェルフ(棚)の監査を行うことを提案するビジネスルールが含まれています。 店長に向けたロス・セールスの警告は、店舗がシェルフ(棚)の監査や補充を行う動機付けとなります。 Lewis氏は、「eコマースでは、顧客の注文を店舗で処理するため、店舗レベルの在庫精度がさらに重要になります」と話します。 

Retail Business Services社は、店内用のモバイルロボットを提供しており、Ahold Delhaize USA社の一部のブランドが導入を決定しています。このロボットには、通路にこぼれた食べ物などの危険を察知するマーティという顔が付いています。 そして、ロボットは修正措置を可能にするレポートを提供します。 これにより、流出によるリスクを軽減するとともに、従業員が接客やお客様とのコミュニケーションにより多くの時間を割くことができるようになります。 将来的には、このロボットをプログラムして、空のスロットを識別することで、棚レベルの在庫パフォーマンスを向上させることも可能だとLewis氏は言います。 

また、Retail Business Services社では、新しい調達プログラムにより、サプライヤーとの協力関係を強化したいと考えています。 例えば、サプライヤーから小売店までのエンドツーエンドのサプライチェーンにおいて、過剰な滞留時間や出荷順序の不備がフルフィルメントの実行を妨げている場所を特定することができます。 Retail Business Services社では、サプライヤーのサプライチェーンチームと連携するコーチを任命しています。 これは、Retail Business Services社がサプライヤーのコスト削減を促進すれば、サプライヤーもその削減分を共有できるというものです。

この連携には、在庫の可視化が重要です。 消費財メーカーは、店舗でのプロモーションに同意した場合、そのプロモーションが参加店舗全体で完全に実施されたかどうかを知りたいと考えます。 エンドキャップのプロモーションが合意された場合、店頭での視認性は店員がiPadでエンドキャップの写真を撮ることに基づいています(将来的にはMartyロボットの仕事になるかもしれません)。 写真を見ると、対象となる店舗の5%で、エンドキャップが上がっていないことがわかるかもしれません。 これがアラートとなり、店舗でのエンドキャップ制作のきっかけとなります。 これにより、サプライヤーは自分が支払ったものを手に入れたという安心感を得ることができます。 より良い実行をすることで、サプライヤーがより大きなwin/winのイベントに参加する動機付けになります。 例えば、1つのバナーだけでプロモーションを行うのではなく、すべてのバナー、そして2,000以上の店舗でプロモーションを行うことが可能になります。 このサイズのプロモーションでは、Retail Business Services社は、1ケースあたり5セントの追加割引を要求するかもしれません。 

Retail Business Services社は、コントロールタワーの機能向上の構築にも取り組んでいます。 これらのコントロールタワーでは、店舗や配送センターで眠っている在庫だけでなく、DCに向かう入荷在庫など、移動している在庫の視認性も向上します。 ハリケーンが東海岸を直撃している場合、お客様が嵐を乗り切るために必要な水や関連商品をより多く店頭に並べたいと思うのは当然のことです。 コントロールタワーは、倉庫に十分な水が用意されていることを確認できるかもしれませんが、迅速な積荷を作るために十分な労働力を確保することが問題になるかもしれません。 コントロールタワーは、さまざまな選択肢を模索するための視界を提供します。  

結論を言うと、これは大きな変革です。 この変革により、大幅なコスト削減、顧客サービスの向上、そしてAhold Delhaize社の持続可能性の目標達成が可能になります。 この変革には、テクノロジー、文化の変化、そして新しいプロセスが必要です。 Ahold Delhaize社は、AmazonやWalmartのようにサプライチェーンの効率化が評価されているわけではありません。 このような認識を変えるきっかけになるでしょう。

Steve Bankerの経歴

業界をリードするアナリスト兼技術コンサルティング会社であるARC Advisory Group社のサプライチェーンサービス担当副社長。 サプライチェーンマネジメントの技術、ベストプラクティス、新しいトレンドに関する定量的および定性的な調査に従事。 また、Supply Chain Management Review誌に掲載されたほか、Logistics Viewpoints(www.logisticsviewpoints.com)で毎週コラムを連載し。Twitterでは@steve_scmをフォロー、またはsbanker@arcweb.comに問い合わせ

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために