グローバル・アジェンダにより、より環境に配慮した持続可能なサプライ・チェーンの構築が進む

Global Agenda Driving Advances In More Environmentally Aware, Sustainble Supply Chain

この2世紀の間、世界経済は長期的かつ持続的な成長を遂げてきました。 同じ期間に、このような経済成長のプロセスは、グローバル・コマースのより速い成長を伴っています。

各国の経済がグローバルな経済システムに統合されたことは、前世紀の最も重要な発展の一つであり、グローバリゼーションによって各国間の貿易は著しく拡大し、輸出額は1913年の40倍以上になっています。

第二次世界大戦後のグローバル化の進展に伴い、国際貿易はかつてないほど急速に拡大し、現在では国家間の輸出入の合計額が世界の総生産額の50%以上に達しています。

一般的に、グローバル・コマースの増加は良いことだと考えられていますが、(今ではアメリカでニュージーランド産のリンゴを365日買うことができ、しかも美味しい!)一方で、「できるからといって、そうすべきなのか」というような、道徳的、倫理的、環境的な問題の増加など、それなりの課題もあります。 

さらに、国際貿易のネットワークが広がったことで、ますます複雑化するサプライチェーンの課題や、グローバリゼーションとグローバル・コマースの実現が環境に与える影響など、さまざまな問題が発生しています。

サプライチェーンは貿易の根幹を成すものであり、この20年間で、(多くの場合)圧迫されたマージンを最大化するために、スピードや効率といったサプライチェーンの改善が求められるようになったのは当然のことです。 

この種の業務効率化は、私たちがサービスを提供するグローバル・マーケットにとって明らかに重要であり、過去30年間、私たちはこの分野で成功してきました。 

しかし、今日では、産業界だけでなく、社会レベルでも、より差し迫った優先事項があり、持続可能性と環境意識は、すべての組織にとって重要な課題となっています。 業界のリーダーとして、特にCOP26の開催を受けて、サプライチェーンのサステナビリティに関する話題をより積極的に取り上げるべき時期に来ていると思います。

環境に配慮した消費者の購買意思決定を促進

D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)の販売チャネルを提供するほとんどのブランドは、消費者が数日間にわたる注文を集計したり、30〜60分の「変更・キャンセル」期間を過ぎて注文を変更したりする機能を持っていません。 基本的には、購入ボタンを押して取引を完了した後は、注文の変更、キャンセル、追加ができなくなるということです。 

このような柔軟性のなさは、複数日、あるいは同日に購入した商品が、複数の配送業者によって複数回に分けて配送されるという事態を招くことになります。

Manhattan Active Omniの高度な機能により、D2Cオペレーションをよりスマートに管理することができ、お客様が自らの小売サプライチェーンの決定に影響を与えることができるようになります。 

これらの機能は、基本的に倉庫にある注文を「ドラフト状態」にして、トラックに積まれる直前までお客様が変更や追加をできるようにするもので、現在多くの小売業者が提供している従来の30〜60分の猶予期間よりもはるかに柔軟性があります。 

このアプローチにより、過剰な配送距離や、複数の小口注文に伴うダンネージや梱包を排除することができ、返品プロセスに伴う二酸化炭素排出量も削減することができます。

私たちの目標は、お客様が消費者にフルフィルメント・プロセスに影響を与える能力と選択肢を提供し、長期的にはより多くの情報に基づいた「より環境に優しい」選択をしていただけるようにすることです。

無駄なスペースは地球に悪影響を与えるだけでなく、あなたの利益にも影響を及ぼす

最新のManhattan Active 在庫管理に搭載されているような、よりスマートなパレット・フィル・アルゴリズム(PFA)により、トラック・フィル・レシオ(TFR)を7%も向上させることができます。 一見すると小さな差に見えるかもしれませんが、何千台ものトラックを抱え、毎年何百万マイルもの距離を移動している場合、わずかな利益が組織全体の二酸化炭素排出量の大幅な削減につながります。

もし、より効率的なフリート・積荷機能を持つことで、月にたった1台のトラックの必要性を減らすことができれば、全体のCO2排出量を毎年40トン近く削減することができます。 これは、地球にとって最も有害な温室効果ガスの一つとされるCO2を大幅に削減することになります。

より賢く、より環境に優しい交通へのアプローチ

このまま輸配送のテーマに沿って、戦略的な輸送管理を考えてみましょう。 最新で効果的なTMSを導入することは、サプライチェーンの環境への影響に対処する際のもう一つの重要な検討事項です。

Manhattan Active 輸配送管理(TMS)は、交通計画をより早く、よりスマートに、より簡単にする強力な最適化エンジンです。 しかし、単に速いだけでなく、よりインテリジェントであり、交通計画やネットワークの二酸化炭素排出量を削減する鍵となります。 

このソリューションの中核となるのが、最先端のインメモリー・コンピューティングを活用したマルチ・モーダル最適化コアです。 この高度な最適化エンジンは、機械学習を用いて、ブランドや輸送管理者が大量のデータを迅速に処理・分析し、環境に配慮した理想的な物流計画を立てるために必要なコンピューティングパワーを提供します。

よりスマートでデータ駆動型の輸送管理ソリューションは、収益や顧客体験の向上だけでなく、ブランドの環境への影響にも大きなプラスの効果をもたらします。

正しいパートナーの選択

持続可能性におけるクラウドの役割について考えてみましょう。 クラウドは確かに実用面と運用面の両方で組織を効率化することができますが、「as a service」であれオンプレミスであれ、どのようなIT展開でも常に関連する環境コストが発生することを認識することが重要です。 

サプライチェーン・ソリューションのクラウドネイティブ化が進むにつれ、ソリューションを提供するために使用されるクラウドの性質も重要になってきます。

クラウド分野のマーケットリーダーであり革新者であるだけでなく、パートナーであるGoogle Cloudのプラットフォームは100%再生可能エネルギーで駆動されています。

マンハッタンとGoogle Cloudの継続的なイノベーションへの取り組みと、カーボンニュートラルなクラウドは、業界をリードする両チームのパートナーシップが、ブランドと環境の価値を完璧にマッチさせることを意味しています。

空気を汚さずに出荷することは、人々のためになる

よりスマートなアルゴリズムの使用の進歩は、倉庫や配送プロセスで使用されるパッケージの量を削減する上で、大きなプラスの影響を与えています。

マンハッタンならではの立体的な立方体(荷物を詰めて出荷することで、空気を少なくして出荷すること)への取り組みなど。 スマート・パッキング、ダンネージの利用、またはオーダー・フルフィルメントの最適化により、サプライチェーン全体で使用されるパッケージが減り、(効率的な)航空輸送が減ることで、一回の出荷量が減り、輸送がより効率的になります。これは、道路を走るトラックや空を飛ぶ飛行機の数が減ることを意味します。 

これは、最終的な収益性、サプライチェーンの効率性、顧客体験だけでなく、重要な環境にとっても非常にメリットがあります。 「よりスマートな」テクノロジーの適用が、サプライチェーン・ネットワーク全体で「より環境に優しい」という結果をもたらす方法の1つの例なのです。

より持続可能な未来に向けての道

マンハッタン・アソシエイツは、地球のためのよりクリーンで持続可能な未来への道は、私たち一人ひとりの日々の小さな決断から始まると信じています。 だからこそ、私たちは、世界中の何千ものブランドに提供するサプライチェーン・ソリューションにサステナビリティを組み込み、より環境に配慮した持続可能なアプローチを組織に取り入れることを約束します。

マンハッタン・アソシエイツは、消費者がより環境に配慮した商品を購入できるようにしたり、より効率的にトラックに荷物を積むことでCO2排出量を削減できるようなスマートなアルゴリズムを開発したり、Google Cloudのようなカーボンニュートラルなブランドと提携してクラウドベースのソリューションを提供したり、人と地球のことを第一に考えた製品を設計したりと、お客様のサプライチェーンがより持続可能な方法で運営されるように尽力しています。

グローバル・コマースは、世界中の何十億もの人々の生活と幸福にとって極めて重要であるという事実を見失ってはなりません。商品の移動という本質的な性質上、完全に「グリーン」になることはできませんが、だからといって、これまでよりも地球にとって持続可能なものにならないというわけではないことを認識しなければなりません。

世界のモノの流れを支えるサプライチェーンの業界リーダーとして、私たちには気候変動がもたらす課題を認識し、責任を持って積極的に行動し、より持続可能で環境に配慮した未来に向けた協調的な取り組みの中で役割を果たす義務があります。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために