記事

物流センターの従業員がサプライチェーンを前進させている仕組み

著者: Peter Schnorbach,
How distribution center employers are keeping the supply chain moving

COVID-19の世界的大流行の真っただ中に、国中の物流センター(DC)が活気に溢れています。私たちの多くが屋内退避している中、倉庫の従業員は膨大な量の必需品やそうでないものの注文のフルフィルメントを行っています。日々、倉庫の従業員はサプライチェーンの前進を維持し、家にいる消費者が必要な物を手に入れることができるようにするために危険に身をさらしています。雇用側は従業員を守るためにどのような措置を講じているのでしょうか。物流センターの従業員の出社を奨励するためにはどのような措置を講じているのでしょうか。また、このような一時的な措置が倉庫の労働管理の今後にどのような影響を及ぼすでしょうか。

より安全な職場を提供

お話を伺った企業の着眼点は、職場環境で従業員の健康と安全性を維持することです。しかし、物流センターで勤務し、ソーシャルディスタンシングの指針に厳重に従うことは段々難しくなってきています。倉庫の規模に関わらず、限られたスペースで数百名の人々が作業しています。安全な職場環境を提供するために企業が執っている措置をいくつか挙げます。

  • マスク、手袋、手指消毒液を提供
  • 物流センターに入る前に従業員の体温を測定
  • 従業員を分けるために休憩時間をずらす
  • 作業用トートバッグを倉庫を通過するたびに消毒する
  • RFユニットやヘッドセットの消毒と共同使用の制限
  • ドアを開けておき、ドアノブを触らずに従業員の出入り可能にする
  • 定期的に倉庫全体をスプレーまたは消毒している組織もある

技術の観点から見ると、労務管理(LM)は管理職と従業員の間のより良いコミュニケーションを促進させ、異なる休憩時間を管理するプロセスを自動化します。

雇用側、また希望的観測では家にいる人々全員が、毎日行われている従業員の英雄にふさわしく重要な業務に感謝しているため、共感をもって従業員に接しています。そういった称賛は、時間給昇給、インセンティブ、従業員の追加業務の報酬のボーナスとして、また高い出社率を奨励するための対策の埋め合わせになります。

予期せぬ繁忙期

この危機の本質により、世界の人口のほとんどが自宅待機せざるを得なくなっています。つまり、好き嫌いはさておき、今やほとんど誰もがオンラインショッパーです。予測通りに、これによりEコマース注文の爆発的な増加に繋がり、倉庫の予期せぬ繁忙期の量を生み出しています。

企業は新しい安全のための手順により引き起こされる生産性下降の可能性を計測するために、LMテクノロジーを用いています。しかし、LMソリューションが以前に従業員のスループットや生産性を最大化することに注目した過去のピークシーズンとは異なり、現在の注目は従業員の安全性です。興味深いことに、健康に関する措置が執られているものの、生産性への影響に関するレポートを耳にしていません。労働力への高い評価はモチベーションを高いレベルに保つための重要な要素になっているようです。

物流センターの労働は今後どうなるか。

明らかに、世界的大流行が鎮まって何が起こるか確実に理解するには早過ぎます。世界的大流行の前は、小売販売の大部分が店舗で行われていました。店舗はほとんどの小売業の販売戦略に欠くことのできない部分で、また再度オープンすれば、大勢の消費者が喜んで戻ってくるでしょう。しかし、多くの買い物客にとって、数週間の自宅待機で証明されたオンラインショッピングの簡単さと便利さは、ひとつの優先傾向として続いていくでしょう。その傾向がEコマースの需要をさらに促し、それゆえに倉庫の従業員の需要も高まります。

物流センターが既に労働力不足であることを踏まえ、また現在は従業員への高い評価に焦点がおかれ、従業員がこの先も、より高い期待を持つであろうことに不思議はありません。医療保険や有給休暇といった福利厚生を配備することは、物流センターの労働力を雇い入れ、維持していくための主要な検討事項になると思われます。今は必要に迫られて昇給されている時間給も、おそらく世界的大流行レベルの前より高いまま維持されるでしょう。その場合、LMテクノロジーは生産性の増加に伴う高給を相殺させる役割を担うことができます。

マンハッタン・アソシエイツは、倉庫マネージャーがこのような世界的大流行後の問題に集中できる時がくることを待ち望んでいます。現時点では、各地の物流センターにてそれぞれが行う業務のサポートを継続し、その人々に敬意を表したいと思います。日々、その人々が大義のために自らの健康へのリスクを冒し、相当具体的な方法で経済を維持しています。こうして、何百万もの人々が困難な中、必要な物を手に入れることができています。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために