政府機関、パートナー、NGOなどでは、電子メール、電話、ファックスなどによる手作業でのデータ通信の削減から、倉庫スペースや輸送能力の最大化、指導者や関係者、パートナーへのリアルタイムの可視化まで、組織の成功は物流業務の近代化にかかっているといえます。

マンハッタンのサポート:

  • スペース、人、在庫を考慮した材料と資産の最適化
  • ソーシング、パートナー、オーダーステータス、オーダーエントリー、出荷状況、在庫状況をリアルタイムに把握することが可能
  • 手動プロセスを排除し、コミュニケーションを自動化
  • サービスを犠牲にすることなく、運用と資産のアカウンタビリティを効果的に連動
  • 指揮系統を超えた共通のオペレーティング・イメージの作成
  • さまざまな業務領域でコスト削減を実現

サプライチェーン・テクノロジーへの投資は、費用対効果が高く、迅速に結果を出し、価値実現までの時間を最大化するものでなければなりません。 また、採用するテクノロジーは、統合が容易で、使い勝手がよく、セキュリティやアーキテクチャに関するIT標準を満たしている必要があり、さらに市販の物流ソリューションの拡張性、信頼性、サポートを提供する必要があります。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために