オペレーション規模に合わせ拡張可能で、短期間で稼働が可能なサプライチェーンテクノロジー

現代の商流の変化により、デジタル世界の刻々と変化する需要に応えるという、かつてない課題が企業に課せられています。配送スピードに関する顧客の期待値に応えるため、掛かるコストが継続的に増加する中、常にパフォーマンスを向上させなくてはならないというプレッシャーが物流センターにかけられます。これはより早く、より効率的に、より少ない要員で、1つの在庫バケットから複数のチャネルに対して、供給を行わないといけないことを意味しています。

テクノロジーによりこの目的は達成できますが、同時にウェアラブルやその他のデバイス、アクセスのし易さ、”常にアクティブ、常に最適化、常に最新”の倉庫管理ソリューションへのインテリジェントな統合といった、新しい課題に対応する専門知識が必要になります。これが世界展開する企業がManhattan SCALEを選択する大きな理由の1つです。マンハッタンは、最先端の技術とモバイル機能を有したこの倉庫管理システム(WMS)を自信をもって推奨いたします。

機敏で適応力の高い倉庫管理ソリューション

Manhattan SCALEは、その特徴、機能、テクノロジーを理想的に組み合わせて、複雑なサプライチェーン実行の課題を解決いたします。オンプレミスでもクラウドでも実装場所を問いません。

このソリューションにより、精査されたツールと機能のセットを手頃な価格で利用でき、目標の達成が可能となります。Manhattan SCALEの顧客は、素早い展開が可能で、使いやすく実績のあるソリューションに加え、タッチ操作対応で簡単に使えるインターフェイスを享受できます。環境は非常に構成しやすく、社内ITリソースにかかる労力を最小限に留め、TCOの削減に寄与します。このため、使い始めてすぐにビジネスに大きな利益をもたらします。

ビジネスに最適な展開オプションを選択

Manhattan SCALEはさまざまな展開オプションからご利用いただけます。公共クラウド、プライベートクラウド、マネージド/ホスティングサービス、またはオンプレミスなど、ニーズ、性能、予算に合わせてお選びいただけます。

Manhattan SCALEは、マンハッタンがホスティングするクラウド環境でのご利用も可能となっております。マンハッタンクラウドでは、毎年アップグレードが行われ、常に新しい機能がご利用いただけます。Manhattan SCALEクラウドアップグレードサービスには、お客様固有のカスタムに対して、次バージョンに自動移行するオプションが含まれています。

Manhattan SCALEの特徴と機能

Manhattan SCALEは、需要の変化に柔軟に対応できる反応性をもっており、倉庫の生産性を向上し、スペースの有効活用、また従業員エンゲージメントを促進することができます。また、

業務を数学的にプランして最適化する高度な特許アルゴリズムを使用して、在庫フローと情報の流れを促進し、在庫、労働力、スペース全体で完璧な作業実行を可能にします。

今日の商流変化に伴い、デジタル世界の刻々と変化する需要に応えるという、かつてない課題が企業に課せられています。物流センターでは、より少ない作業者で、他社を上回るサービスの提供を行い、1つの在庫バケットから複数チャネルへの供給を行うことなどが求められています。加えて、そのようなサービスを今までより迅速かつ低価格で行わなければなりません。ウェアラブル端末の活用、その端末とのインテリジェントな連携、アクセスの簡易化、そして”always on, always optimizing”のサプライチェーンソリューションなど、近い将来、さらなる新しい課題が生まれてくることでしょう。

急激に変化するビジネス環境下では、業務の効率性を維持しつつ、新たなチャンスに即時対応が可能な機敏さと拡張性を兼ね備える必要があります。Manhattan SCALEは、要求の厳しい物流現場での課題に取り組むために最適なソリューションであり、サプライチェーンの課題解決に取り組む企業に様々な特性、機能、テクノロジーを理想的に組み合わせて提供します。

お客様にお約束いたします