近年、サプライチェーンの変化のスピードは加速し続けており、新たなプレッシャーや新たな課題が加わり、新たなイノベーションが求められています。 eコマースやオムニチャネル・フルフィルメントの台頭は、労働力の変動やコストの制約と相まって、以前にも増してサプライチェーンへの圧力を強めています。

そして業界はそれに応えて、高度な自動化の分野で驚異的な成長を遂げました。

ロボット革命

課題は、異なるタイプの自動化が自然には通じないことです。 お互いに、ましてや脇役のことなど意識していません。 配送センター内で最大のスループットを得るためには、自動化、ロボット、人など、あらゆる資産を連携させ、調和させる必要があります。

物流センターでは、注文、在庫、労働力、計画作業、自動化という5つの「自然」資源を管理しなければなりません。 Manhattan Active®倉庫管理は、過去30年間でその5つのうち4つを指揮して大きな成功を収め、最近では13回連続でガートナー社のマジック・クアドラントでWMSリーダーとして認められました。

今回、マンハッタンは、業界初のWMSに搭載されたWESにより、倉庫の完全なコマンド&コントロールを実現するための自動化を行いました。 どんな種類があっても、どれだけ使っても構わない。

また、マンハッタンでは、業界をリードするプロバイダーで構成されるマンハッタン・オートメーション・ネットワークを通じて、新しいオートメーションを簡単に追加することができます。 これらが一体となってエコシステムを構築し、自動化の取り組みをこれまで以上に迅速に開始することができます。

調整制御

倉庫に設置されている自動化機器が互いに接続され、認識されている場合には、個々の機器間の調整や協調がより強力になります。

これまで以上に、倉庫管理は、人間と自動化の能力の組み合わせを考慮した視点で取り組む必要があります。 ネイティブのWESとオーダーストリーミング機能の組み合わせにより、Manhattan Active 倉庫管理は、配送センター全体の総合的な可視化、自動化のための完全な柔軟性、およびすべてのリソースの最大活用を可能にする唯一のソリューションです。

関連ソリューション

Manhattan Active WMがサプライチェーンをいかに統一しているかの詳細については、こちらをご覧ください。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために