イノベーションをリードします

マンハッタン・アソシエイツは、過去30年間、お客様の声に耳を傾け、学び、お客様とともに歩んできた結果、世界で最も経験豊かなサプライチェーン・エグゼキューション・カンパニーとなりました。 私たちは日々、世界で最も革新的なメーカー、小売業者、卸売業者が、それぞれの業界とその技術を押し進め、過去の解決不可能な問題を解決する手助けをしています。

私たちは、顧客体験を変えるイノベーションの核となることをビジョンとして掲げています。

イノベーションへの投資

真のイノベーションとは、経験や可能性、結果を一変させるような新しいものを生み出すことです。 触媒として作用し、その影響は四方八方に広がり、最初の意図をはるかに超える影響を与えます。

マンハッタン・アソシエイツは、ビジネスの根幹に関わるサプライチェーン・イノベーションの開発に取り組んでいます。 顧客、人、オペレーション、在庫を調和させ、大きな変化のきっかけを作る技術を提供します。

私たちは、効率、スループット、エンゲージメントに関する新しい考え方に投資することで、サプライチェーンに根本的な改善をもたらし、お客様のリソースを解放し、その影響力を拡大することができると信じています。

過去5年間、私たちはお客様のPush Possible®を支援するソリューションに3億2,500万ドル以上を投資してきました。

応用知能と機械学習

現在、人工知能(AI)の分野は、自然言語処理、音声、視覚、エキスパートシステム、ロボット、機械学習など、さまざまな分野で構成されています。 また、ロボティクスはサプライチェーンの実行においてますます有用性を増していますが、サプライチェーンの変革に最も可能性を秘めているのは機械学習です。

機械学習(ML)は、「人工知能の応用であり、明示的にプログラムされることなく、経験に基づいて自動的に学習し改善する能力をシステムに与えるもの 」と定義されています。そして、AIと同様にMLにもニューラルネットワークやディープラーニングなど、複数の分野や手法があります。

流通と輸送におけるスピードと複雑さへの要求が急速に変化する中、爆発的に増大するeコマース、顧客の期待の高まり、オムニチャネル市場における競争のパラダイムの分裂といった他の市場勢力とともに、サプライチェーンはかつてないほどのプレッシャーを感じています。

データの量と複雑さは、人間だけでは管理しきれないことが多いのです。 従来の物流計画・実行ソフトを使っても、もはや追いつくだけのスピードもスマートさもないのです。 タスク指向の問題を最適化し、予測を行い、膨大なデータから未知の洞察や機会を発見する。このような問題は、まさに自律学習システムが得意とするところです。

意思決定の改善と収益性の最大化を支援するオーダー・ストリーミングなどのマンハッタンの応用機械学習技術について詳しくご紹介します。

クラウドネイティブ・デザインとマイクロサービス・アーキテクチャ

少し前までは、クラウドコンピューティングはそれ自体が破壊的なものでした。 現在では、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、デジタルトランスフォーメーション(DX)など、他の新たなトレンドの基盤として機能しています。

Manhattan Active® platformは、100%マイクロサービスアーキテクチャを採用しており、ダウンタイムなしに、加速度的に継続的なイノベーションを実現します。 このアーキテクチャは、お客様独自の運用ニーズに合わせて、拡張性を念頭に置いて設計されています。 Manhattan ProActive®では、データ、サービス、さらにはユーザーインターフェースのレベルにおいて、拡張機能を作成および管理するための豊富なツールセットが提供されます。 同様に、クライアントの拡張機能は保護され、アップデート中も影響を受けないため、決してトラブルは起こりません。

Manhattan Activeのソリューションはバージョンレスなので、バージョンアップの必要がありません。 私たちのお客様は、常に最新のイノベーションを探求し、展開することができます。 プラットフォームに組み込まれた包括的な監視ツールは、ソリューションに対する洞察を提供し、分散したマイクロサービスの世界での容易なナビゲーションを可能にします。 さらに、デプロイツールは、ライフサイクル環境間で構成変更を移動して同期をとるプロセスを簡素化します。

Manhattan Active OmniManhattan Active 倉庫管理の詳細と、それらがどのようにお客様の業務を向上させるかについて説明します。

IOTとオートメーション

新しい技術にこそチャンスがあります。 自動化・センサー化技術は、人手不足の影響を受けず、ロボットが疲労したり病気になったりすることもない。 RFIDのような機能はより安価になり、物流センターのロボットはますます良くなり、より効率的で、より洗練され、より速くなり続けているのです。 高度な自動化とInternet of Things (IoT)は、現代の倉庫の成功に欠かせないものとなっています。

これらのイノベーションの課題は、異なるタイプのオートメーションが自然にコミュニケーションできないことです。 お互いに、ましてや脇役のことなど意識していません。 物流センターで最大のスループットを得るためには、オートメーション、ロボット、人など、あらゆる資産を連携させ、オーケストレーションする必要があります。

店舗や倉庫に設置された高度なオートメーションやセンサー技術は、それぞれのシステムが相互に接続され、認識されることで、より強力に連携されます。

Manhattan Active OmniManhattan Active 倉庫管理などのソリューションが、IoTと自動化をシームレスに統合して管理する方法をご紹介します。

行動分析学と動機づけ理論

自己決定理論では、すべての人間は自分の未来を自分で決め、成功の道を歩む自由を望んでいると仮定しています。 何かに秀でていたいし、また立派にやり遂げられた満足感を得たいと思っています。 そして、成功も失敗も共に分かち合える仲間とともに、それをやりたいと思っています。

マンハッタンのソリューションは、現在、認識、フィードバック、幸福、個人の成長、満足、ウェルネス、大使、上司との関係、同僚との関係、会社との連携といった指標を優先し、最適化するようになっています。 これらの特性を培うには、単にパフォーマンスデータを評価したり、成績の低い者を見つける以上のことをする必要があります。 いったん、自分がわかっていると思っていることを忘れ、古い問題に対して新しいアプローチを活性化する必要があります。

Manhattan Active 労務管理ソリューションが、ゲーミフィケーションを組み込んで、従業員のエンゲージメントを高める全く新しい時代を創造している様子を詳しくご紹介します。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために