記事

人間と機械の融合: 現代の食料品倉庫のための新鮮なアプローチ

著者: Eric Lamphier,
Integrating Man and Machine: A Fresh Approach for Modern Grocery Warehouses

食料品のサプライチェーンは、あらゆる業界の中で最も再現性が高く、よく考えられ、成熟したサプライチェーンの一つであり、食料品店が異例の薄利多売で運営されていることから、倉庫業務のあらゆる面で予測可能なプロセスを習得しています。 当然のことながら、食料品店のDCは、労働集約的な手作業を減らし、全体的な効率を高めて、新鮮な商品をできるだけ早く棚に届けるために、自動化を導入する傾向にあります。

生鮮食品に対する消費者の選択眼はますます厳しくなっています。 2017年には、生鮮食品が食品購入の30.5%を占め、農産物、ベーカリー、デリミートの売上が大幅に増加しました。[1]この消費者の需要により、食料品のDCは、生鮮食品を迅速、透過的、最高品質で提供するようにさらに圧力をかけられています。 さらに、食料品店のDCがeコマースに対応し、実験を行うとなると、サプライチェーンは文字通り機械のように動き、エラーの余地はほとんどありません。

食料品DCの効率的な自動化の進化

そのため、食品の品質管理やコンプライアンス、温度管理された環境での商品の流れを円滑にするなどの特殊なニーズに対応するために、最近、食料品店のDCがオートメーションへの投資を増やしているのは当然のことです。 しかし、食料品店のDCでは、複数のタイプのオートメーションが使用され、混在している場合、制限を受けることがあります。 仕分け装置、ASRS、コンベア、ロボットなどは、お互いに衝突することがあり、倉庫の従業員とも衝突します。

その結果は? 無駄なテクノロジーへの投資、非効率な労働・作業、そして新鮮な商品の市場投入までの時間の増加。 オートメーションの非効率的な使用は、食料品店のDCにも打撃を与えます。食料品店のDCは、店舗での注文とオンラインでの注文の両方で、お客様の要求を満たすために、これまで以上に幅広い商品を出荷する必要があるからです。

例えば、ある食料品店のDCが、産業用ロボットを活用した自動保管・商品検索システム(ASRS)に投資し、高効率かつ低タッチでの食品の保管・検索を実現したとします。 ASRSは、倉庫からパレットやケース、トートに入った商品を、温度を一定に保ちながら前方の有人ステーションに搬入する作業を自動化します。 自動化されたデパレタイズロボットを導入すれば、従業員が手でピックできるように、パレットをより小さな単位に分解することができます。 そのような状況下で、これらのマシンはどのように最適化されているのでしょうか。 そして、それらの機械は、どのようにして効率的に従業員と協調するのか。

また、食料品店のDCでは、自動化された周囲の食料品の静的なレイアウトと、特定の季節・イベント商品の需要の急激な変化とのバランスをどのようにとっているのでしょうか? このようなニーズに対応するためには、創造的でリアルタイムな人間の意思決定、新しい一時的なダイナミックな場所が必要になるかもしれませんが、静的で自動化されたレイアウトとは衝突する可能性があります。

これらのシナリオで強調されているのは、オーダーフルフィルメントシステムが自動化サブシステムと統合し、倉庫内の資産利用とスループットを総合的に最大化する次の最善策を決定するのに役立つ必要性です。 eコマースを含めると、このような統合システムの必要性はさらに高まります。食料品店は、注文の優先順位を継続的に評価し、生鮮品や個々の注文に関する消費者の期待やSLA(Service Level Agreement)を満たす、またはそれを上回る合理的なフルフィルメント処理を確保する必要があります。

オーダー・ストリーミングにより、食料品店のeコマース需要に対応

ットやケースを店舗に出荷する従来の食料品店の補充によく使われます。 しかし、直前になってオーダーの調整が必要になったり、ウェーブの間に無駄な作業が発生したりと、非効率なことが起こります。 ウェーブレスピッキングは、即日出荷が必要な一刻を争う注文に集中することで、eコマースの注文の優先順位付けと相性が良いです。 洗練された技術が求められるため、特に生鮮品を扱う従来の食料品店のDCには困難が伴います。

ウェーブとウェーブレスのアプローチをオーダー・ストリーミングと同時に活用することで、食料品店のDCは店舗への補充と消費者への直接注文を単一のプラットフォームで効率的に処理することができます。 注文を可能な限り効率的に処理するために、WMSに組み込まれたWarehouse Execution System(倉庫実行システム:WES)は、ウェーブおよびウェーブレスの注文処理において、人間と機械の両方が所定の時間に作業を実行する能力について、食料品店DCにリアルタイムで認識させます。 これにより、従来のサプライチェーンプロセスと最新のeコマースフルフィルメントプロセスを融合させることが可能になりました。

---

つまり、自動化によってスピードが向上し、変動費が削減される一方で、自動化ツール間のシームレスなリンクがないシステムでは、貴重な効率性を失うことになります。 食料品店が競争に勝ち、顧客に対応し、コストを抑えるためには、このようなシステムが、激しい競争や、より新鮮な食品を求める消費者の要求に応えるために不可欠です。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために