記事

サプライチェーンの見直しをすることにより、Amazonの食料品の混乱を乗り切る

著者: Eric Lamphier,
Surviving Amazon's Grocery Disruption by Rethinking the Supply Chain

Amazonのeコマースやデジタル食料品に代表されるように、小売業者の波が食料品業界に混乱を起こしています。 消費者が生鮮食品に関心を持つようになると、小売業者は食料品の購入方法の変化に対応して、食材の調達に関する透明性と情報を提供するようになります。 また、Amazonなどが革新的な食料品配送方法を導入することで、消費者はオンライン配送やクリック&コレクトに慣れてきています。

現在、食料品のeコマースの売上は、市場の2~4%に過ぎませんが、その傾向は高まっています。 伝統的な食料品小売業者と破壊的な食料品小売業者(Amazon、Walmart、Targetなど)の両方が、効率的な食料品サプライチェーンの能力を磨き、成熟させ続けていることから、オンライン食料品の売上は2025年には市場の20%になると予測されています[1]。

この混乱は、ルールを変えました。 食料品店が、農場から店舗までの最も新鮮な食品を、できるだけ早く、できるだけ多くの配送方法で提供しなければ、消費者は必然的にこれらのニーズを満たす競合他社に目を向けるようになるでしょう。

人、プロセス、テクノロジーの統合によるサプライチェーンの効率化

eコマース戦略を実行し、新鮮な商品をより早く棚に並べるために、食料品小売業者はDC全体でシームレスなサプライチェーンオペレーションを行う必要があります。人、プロセス、テクノロジーのすべてが同期して、効率性の向上、リアルタイムの最適化、そして従来の注文とeコマースの両方に対応する能力を確保する必要があります。

従業員

eコマースに移行する際、多くの食料品店のDCは、倉庫従業員に求められるマインドセットの変化のために失敗することになるでしょう。 缶詰のパレットや炭酸飲料のケースを単に移動させるのではなく、eコマースの注文(生鮮品を含む)を異なる方法で処理しなければなりません。 従来のDCでは、複数の注文を個別にトートに入れてピッキングする必要があったり、eコマース専用のDC(ダークストアなど)でも注文をピッキングする必要があったりしますが、倉庫では食料品店のような発想が求められます。

食料品店のDCでは、従業員を教育し、作業を効率化する必要があります。
  • 従業員のエンゲージメント:業績に応じたインセンティブの付与、専門的なトレーニングの提供(生鮮品のピッキングなど)、使いやすいテクノロジーの提供(ワークフローを規定したり、ピッキング時に画像で生鮮品を識別するモバイル機器など)は、従業員の生産性を維持するのに役立ちます。
  • 人と機械の融合:倉庫管理システム(WMS)に組み込まれた倉庫実行システム(WES)を活用することで、すべての自動化を調和させ、作業者のタスクとの統合を最適化することができます。
  • 労働力の配分と利用を最適化:需要予測により、正規、臨時、残業の労働力を最適化することができます。また、「what if(もしも)」モデルにより、さまざまな人員配置のシナリオの影響を評価することもできます。

プロセス

eコマースは、従来の食料品店のDCプロセスに挑戦します。 WMSは、以下のような倉庫内の非効率性を解消し、プロセスを改善する分野に焦点を当てなければなりません:
  • 製品のトレーサビリティー:上流のサプライヤーが重要なデータを共有できるようにすることで、ロット管理、イベントの追跡、検査の改善、生鮮品に影響を与える生産や出荷の問題に早期に対処することができます。
  • 予約管理とヤード管理:遅延や予約の遅れは、商品の遅れや荷降ろしの失敗につながります。 数時間の遅れでも、お客様に新鮮な商品をお届けするのに大きな影響を与えます。
  • DCレイアウトの最適化:複数の温度帯に対応した物流レイアウトにより、保管場所や割り当て容量を最適化することで、商品の鮮度を保ち、ピッキングに備えることができます。
  • オーダー・ストリーミング:この革新的なコンセプトは、ウェーブとウェーブレスピッキングを同時に組み合わせたもので、食料品店の補充オーダーを処理し続けながら、個別のeコマースオーダーに対応することができます。
  • 輸送管理の最適化:輸送管理システム(TMS)は、天候への対応から荷役の最適化まで、リアルタイムのデータを活用して、潜在的な混乱や需要の変化を確実に予測することができます。 また、TMSでは、小包、プライベートフリート、配送サービスなど、複数のモードで配送方法を選択することができます。

テクノロジー

特にマルチチャネルの注文量が増えると、食料品店のDCオペレーションを実行するテクノロジーがサイロ化し、分離してしまうことがあります。 これでは、対立や混乱が生じてしまいます。 自動化を統合してすべてが連動するようにすることで、次の行動を計画したり、注文の優先順位を最適化したり、フルフィルメントを効率化したりすることが容易になります。 その目的は、スループットを最大化し、新鮮な商品を倉庫から消費者に届けるスピードを上げることです。 すべてのチャネルと自動化ツールを使って効率を上げることで、生鮮品や個別の注文を配送する際の競争力を高めることができます。

繁忙期には、適切なテクノロジーによって派遣社員の採用も容易になります。 最新の食料品売り場では、スマートフォンのような親しみやすいタッチスクリーンを備えた最新のデバイスを活用しています。このデバイスは、作業員がワークフローを規定したり、ピッキング時に食料品を識別するための画像を表示するなど、作業員がすぐに学習して適応できるようになっています。 このような技術は、作業員が従来の重いケースの移動から、個別のオーダーピッキングや食料品のeコマース・フルフィルメントに特有の要求に集中できるようにします。 このようなデバイスは、変更管理、品質管理、および在庫の正確性にも役立ちます。

eコマースに向けた食料品サプライチェーンの再考

あなたの食料品店のDCには、Eコマースの需要を満たすための適切な材料がすでに入っています。 今、オムニチャネルという新しい現実を克服するためには、人、プロセス、テクノロジーといったサプライチェーン・オペレーションのすべての要素を再考し、最適化する必要があります。 WMSに内蔵されているWES(倉庫実行システム)やオーダー・ストリーミングなどの革新的なツールは、高速倉庫におけるすべてのオーダー・フルフィルメント活動を指揮します。 これらのツールがなければ、食料品店は、新鮮で多様な商品をできるだけ早く、便利に提供できず、競争力を維持できなくなります。 合理化された効率的なサプライチェーンが不可欠であり、そこに到達するためのツールが現在存在しています。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために