記事

進化する倉庫: オムニチャネル戦略を支えるオーダーストリーミングとは

著者: Adam Kline,
The Omnichannel Advantage: A Deeper Dive into Order Streaming

ECオーダーの増加に対処するために、多くの企業で、作業員、マテハン機器、新しいDCへの投資を増やすことを余儀なくされています。しかし、コストや成長性の観点からみて、長期的に持続可能なものではないことが明らかになりました。

前回のブログでは、小口で、頻度が多く、緊急度の高い注文をサポートするために設計されたバッチ処理ではない (WAVELESS) フィルメントの形式であるオーダーストリーミングについて話しました。今日、私たちはオーダーストリーミングのテクノロジーがどのように機能し、特定のユースケース(電子商取引をはじめとする)でWAVELESSが理にかなっているかについて、掘り下げていきます。

オーダーストリーミングの仕組み

WMSにオーダーストリーミング機能がある場合、倉庫のリソース(機器・作業員等)に対して、作業をいつ、どこで割り当てるかを決定します。このソフトウェアの仕組みは、最先端の最適化エンジンと予測モデルの組み合わせを使用して、現状と今後想定されるDCの状態に基づいて常時学習し適応します。

オーダーストリーミングは4つの主要な機能で構成されます: ・注文の優先順位付け ・在庫を注文に割り当て、自動補充を作成 ・作業パスとリソースタイプの決定 ・リソースが使用可能になった際、作業の優先順位を変更およびリリース からなります。

上記の機能が同時実行され、結果として、オーダーストリーミングは、倉庫リソースを効果的かつ効率的に利用するために絶えず評価および調整を行います。この柔軟性によって、人が介入することなく、業務の処理能力を最大化してサービスレベルを向上させることができます。その結果、優先する注文が少なくなり、顧客満足度が高まり、全体的なコストを削減することができます。

The Omnichannel Advantage: A Deeper Dive into Order Streaming

オーダーストリーミングの活用法

オーダーストリーミングの一番わかりやすい適用例は、ECのフルフィルメントです。最終段階での優先順位付けやジャストインタイムでのワークリリースがなければ、翌日配送や同日配送などの要件を伴う、個々の消費者の注文にたいして、費用対効果の高い方法で実現することは困難です。

オーダーストリーミングが有効な分野は、ECだけではありません。卸売業者が使用すれば、需要が異なる小規模な小売業者に出荷できます。メーカーからの直送にも使用できます。医薬品供給業者は、保存期間の短い注文を迅速に処理できます。また、医療システムでは、患者のケアに不可欠なアイテムを迅速に提供できます。

要するに、時間に敏感な性質や予測不可能な需要があり、出荷を出荷側から積極的に行うことができないものは、すべて WAVELESS (バッチ処理でない) フルフィルメントが最適です。

拡大するニーズに不可欠なテクノロジー

オムニチャネルでの購入の増加が、オーダーストリーミングの開発に繋がりました。ECの注文を効率的かつ収益性の高い方法で実現するための最も効果的な方法です。今後数年間で、オムニチャネルでのショッピング形態は指数関数的に拡大し、それに伴い、迅速で、時間に敏感なフルフィルメントの必要性が高まると予想されます。オーダーストリーミング機能を備えたWMSは、優位点になるだけでなく、今後は不可欠なものになるでしょう。企業は、このテクノロジーを既存プロセスに統合することが求められています。

しかし、それはWAVE処理の終わりを意味するわけではありません。今後ブログでは、WAVE処理とWAVELESS処理のフルフィルメントを1つに組み合わせることで、両方の長所を活用する方法について説明したいと思います。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために