消費者行動の変化が食料品業界に長期的な変化をもたらす

Shifting consumer behaviour is driving long-term change for the grocery industry

新しい行動が自動的にできるようになるまでには、平均して約2ヶ月かかりますが、全く新しい習慣を形成するのにかかる時間は、行動の種類や人、状況によって大きく異なります。  

この6ヶ月間は確かに例外的な状況に分類され、私たちはeコマースやモバイルコマースなどの新しい習慣を形成するために十分な時間を持てたことは確かです。 その結果、COVID-19によって加速されたeコマースの爆発が、すぐに後退する兆候はほとんど見られません。 

消費者心理の変化や、パンデミックに対する食料品業界の適応方法は、決して一過性のものではないと信じ続けるのが無難でしょう。 結局のところ、より効率的な方法を発見しても、時代遅れの効率の悪い方法に戻ってしまう人はいないでしょう。   

BOPIS(店舗受取)やcurb-side pickup(非接触型商品受取)などの購入方法の人気が高まっていることと相まって、この変化は、食料品店にとってだけでなく、消費者にとっても代表的なものとなりそうです。

eコマースのブームとBOPISのようなオプションへの一般的な移行能力は、COVID-19の最悪の影響から食料品業界の多くを確実に「保護」していますが、企業が注意しなければならない多くの二次的な課題もあります。  

例えば、食料品ブランドは、フルフィルメントの観点からeコマースが生み出す課題を認識する必要があります。 BOPISやcurb-side pickup、さらには店舗を「ミニ倉庫」として利用することは、短期的には素晴らしい選択肢ですが、これらの様々な選択肢を実際に実現するためのロジスティクスは、適切な戦略やテクノロジーを導入していない場合、サプライチェーンに大きな負担をかけることになります。 

食料品店は、地元の小さな独立系企業であれ、国際的に認知された巨大なブランドであれ、これまでの戦略的な方向性と、現在置かれている背景の変化とを調整しなければなりません。  

効果的なeコマースやハイブリッド・フルフィルメントの手法、真のオムニチャネル機能、ソーシャルメディア・チャネルや店舗での体験を通じたカスタマー・エクスペリエンスの絶え間ない追求が不可欠であることが証明されています。また、テクノロジーに対する見方の見直しも重要です。 

世界各地で日々行われているブリーフィングから学んだことは、今回のパンデミックでどのような展開になるのか、次に何が起こるのかを確実に予測することは不可能だということです。  

食料品の売上増加は、「上げ潮はすべての船を助ける」ことを証明していますが、チャネルやブランドごとの真の勝者が誰であるかは、この比較的早い段階ではまだ不明です。  

唯一、確実に言えることは、全体的な戦略的方向性に流動的で俊敏かつ柔軟なアプローチを採用している企業は、今後12カ月間、そしてそれ以降も、どのような背景があっても成功するために、迅速かつ効果的にピボットすることができるということです。 

この半年間で、いくつかの重要な教訓が得られました。

第一に、あなたが食料品サプライチェーンのどの部分で働いているかにかかわらず(倉庫やDC、配送ネットワーク、店舗フロアなど)、この非常に複雑なネットワークを動かしているのは人であり、最も重要なのは人なのです。 そのため、第一線で活躍する人々の日々の犠牲とリスクを認識し、それに報いるための戦略とソリューションを用意する必要があります。

第二に、パンデミックの初期には、特定の主食(牛乳、卵、トイレットロール、缶詰など)が不足し、多くのスーパーマーケットが需要や消費者の行動の変化に対応するのに苦労しました。 今後は、ファーストマイル・オペレーションからBOPISやフロントドア・デリバリーに至るまで、すべてが迅速に対応できるように、お客様と同じように柔軟性、機動性、革新性を備えたテクノロジーを導入することをお勧めします。 

デジタル・セルフサービス、BOPIS(店舗受取)、curb-side pickup(非接触型商品受取)、超高速ダークサイト・アクティベーション、クラス最高のオムニチャネル機能など、マンハッタン・アソシエイツの業界をリードするソリューションと専門家チーム(10年以上前からガートナー社に認められています)は、お客様とお客様のチームが食料品業界の「新常識」の課題を乗り越えるためのお手伝いをします。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために