パンデミック後の医薬品業界における廃棄と流通の課題への取り組み

Addressing Wastage And Distribution Challenges Key To  More Equitable Post-pandemic Pharmaceutical Industry

グローバル化されたサプライチェーンが適切に機能すれば、世界中の何十億人もの人々が重要な医薬品にアクセスできるようになります。 しかし、最近のCOVID-19パンデミックや2010年のアイスランドの火山噴火のような大規模なイベントから、より単純な患者の誤解に至るまで、様々な出来事が高価で不必要な浪費につながる可能性があります。

医薬品業界には複雑なグローバル・サプライチェーンがあります。 それは、規制当局の監視、多数のコンプライアンスチェック、そして温度や湿度の影響を受けやすい製品の輸送に関連する課題に対して必要となるのです。 しかし、パンデミックからの脱却に伴い、重要な医薬品の流通を改善する必要性が、国内だけでなく世界各地で認識されるようになりました。

マンハッタン・アソシエイツは、リバース・ロジスティクスを含むエンド・ツー・エンドのサプライ・チェーン・ビジビリティが、製薬会社が医療用医薬品と一般用医薬品の両方をより良く管理し、無駄を省き、より公平な流通を目指すグローバル戦略を支援するのに役立つと説明しています。

認識と責任

医薬品の無駄の廃棄は、医療機関や製薬会社にとって長年の懸案事項でした。 薬の無駄遣いや未使用は、英国のNHS(国民保険サービス)に毎年3億ポンドの損害を与えていると言われていますが、この問題は患者の行動にとどまらず、広範囲に及んでいます。重要な製品を必要なときにいつでも入手できるようにすることが求められる市場において、医薬品のサプライチェーンのパラメータは、国民を守るための「安全在庫」を求める各国政府の要求と相まって、供給過多となり、製品が使用期限を過ぎても使用されない状態になっています。

パンデミック後の世界では、製薬会社は、過去1年半の世界的な混乱で浮き彫りになったサプライチェーンの問題に対処する必要があります。患者の命を奪う可能性のある在庫切れを回避するために、国や消費者が過剰な注文や備蓄を行うことを促す問題です。

しかし、企業は、必須医薬品をより広く、より公平に提供することに対する企業責任と期待の高まりを認識しています。 そのためには、既存のサプライチェーンのプロセスをより効率的なものにしなければなりません。消費者主導の社会に蔓延する無駄を省くことで、発展途上国で必要とされる量の薬を確保し、世界保健機関(WHO)が求める健康の公平性を実現することができます。

データ・ドリブン・コントロール

デジタル化は、製薬会社がエンドツーエンドのサプライチェーンを管理する方法を変えつつあり、データキャプチャーはそのプロセスの基本です。  EUの”Falsified Medicines Directive(偽造医薬品指令)”では、すべての製品にGS1データ・マトリックス・コードの付与が求められており、ロシアでは”Crypto Codes(暗号コード)”が導入されるなど、企業は製品ごとに詳細な情報を把握する必要があります。

モノのインターネット(IoT)の急速な普及、クラウドベースのデータ取得・保存、高度な分析(AIを含む)の利用と併せて、データを活用することで、組織はサプライチェーン全体をエンドツーエンドで高度に可視化し、必要な時点で迅速な変更を行うことができます。

製造日や賞味期限、保管条件などの情報にリアルタイムでアクセスできるため、在庫管理がよりインテリジェントになり、特にサード・パーティ・ロジスティクス(3PL)パートナーからの最新のパフォーマンス・データと組み合わせることで、より効果的になります。

倉庫の遅延や交通渋滞など、サプライチェーン上のあらゆる不具合をリアルタイムで管理することができます。 企業は、物流センターや倉庫、さらには薬局などのノード間で、必要に応じて製品を再割当することができ、リアルタイムに在庫を確認しながら、需要の締め切りに合わせてプロセスを管理することができます。 在庫の再割当には有効期限が設定されており、寿命の短い商品が顧客に届き、使用してもらう機会を最大限に高めることができます。

プロセス全体がダイナミックでインテリジェントであり、高価で不必要な安全在庫を必要とすることなく、可用性を最大限に高めるように設計されています。

エンド・ツー・エンドの可視性が鍵

このようにサプライチェーン全体で製品を追跡できるようになると、製薬会社は2つの重要な変化を起こすことができます。1つ目は、ロボットからAIまでの自動化がはるかに強力になり、製品や部品の供給に関するリアルタイムの情報が、プロセスを最適化するための継続的でシームレスな生産や流通の変更を促進することです。 2つ目は、即座に決断を下すことができるようになります。 顧客や患者のことを考えると、常に大切なことです。

さらに、製薬会社にとって最大の課題の一つは、顧客の行動に対する洞察が不足していることでした。 個人情報保護の観点から患者の処方箋情報は公開されないため、需要予測が難しく、在庫過多になりがちです。 しかし、強力なデータ分析ツールと連動した集団医療データの増加により、企業は患者の需要の変化について、より多くの情報をより迅速に得ることができるようになっています。

この人口の健康データは、ワクチンなどの重要な医薬品のいわゆる「安全」在庫に関する国の戦略にも反映され、廃棄物につながる可能性のある過剰在庫を最小限に抑えるのに役立ちます。

サプライチェーンをより詳細に理解し、問題が一時的なものなのか、それとも長期的な影響を及ぼす可能性があるものなのかを見極めることで、流通網全体でより正確に薬を配分することができ、裕福な国は余剰金を世界の経済発展の遅れた地域に再割当するという目標を達成することができます。

リバース・ロジスティクス

不要になった製品をサプライチェーンを通じて管理することは、あらゆる業界の組織にとっての課題です。 しかし、製品の保管や規制遵守の問題を追跡・管理しなければならない製薬会社では、それが不可能に思えることも少なくありませんでした。 しかし、IoTと超高速ネットワークの組み合わせは、製品が最終的に患者に届くまでの過程を追跡できるため、製薬会社に新たな機会をもたらし始めています。

例えば、IoTで制御された冷蔵装置を使って薬局内での製品の保管・管理を改善するだけでなく、IoT対応ボックスを使って、患者が保管する特定の医薬品の温度を継続的に監視する試験が現在進行中です。 その人が必要としない製品の場合、この保管情報と賞味期限などの他の要素を組み合わせることで、高価な製品をサプライチェーンに再割当することができます。

製薬会社にとって、リアルタイムのサプライチェーンマネジメントは依然として大きな課題です。 しかし、今日のデジタル革新に伴うスピードアップと低コスト化により、スマートラベルの使用などの開発により、さらに多くの製品を手頃な価格で追跡できるようになり、AIを重ね合わせた高度な分析により、組織は患者の行動の傾向について新たな洞察を得ることができます。

これらの新しいイノベーションにより、業界は、患者までの可視性をさらに拡大し、その過程で、パフォーマンスを向上させ、無駄を省き、重要な医薬品をより安全かつ民主的に流通させるという国内および世界的な目標を達成するための新たな機会を得ることができます。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために