プレスリリース

マンハッタン・アソシエイツ、ガートナー社のマジック・クアドラントで WMSにおけるリーダーの評価を12年連続で獲得

ATLANTA, 2020年06月11日

米国 マンハッタン・アソシエイツ社(Manhattan Associates Inc./NASDAQ:MANH)は、ガートナー社による2020年5月のマジック・クアドラント [1] において、倉庫管理システム(WMS)の市場リーダーとしての評価を12年連続で獲得しました。

ガートナー社はベンダー15社についてビジョンの完成度と実行能力という2つの面から評価を行い、マンハッタンは両基準で最高点の評価を得ました。

マンハッタン・アソシエイツ株式会社の代表取締役で、日本および韓国のビジネス統括責任者である 髙谷直秀 は次のように述べています。

「マンハッタンアソシエイツが、ガートナーの倉庫管理システムのマジッククアドラントで2020年度も高いポイントを得て、12年連続でリーダーに選ばれたことを大変誇りに思っています。世界がCOVID-19の影響に苦しみ続ける中、サプライチェーンはこれまで以上に重要となっていますが、他に類を見ないビジョンの実行性と完全性を備えた私たちマンハッタンのソリューションは、今後さらに業界が求めるものとなるでしょう。現在のマンハッタンのWMSの革新に向けた資源投入は、創業以来30年に及ぶ歴史の中で最も勢いを増しています。何より、お客様のおかげでこれまで日本、韓国をはじめ世界中の先進的思考を持ったサプライチェーンのプロフェッショナルの方々と接することができ、イノベーションを起こす機会を得ることが出来ました」

マンハッタン・アソシエイツのプロダクトマネジメント担当 シニアバイスプレジデント、Brian Kinsella (ブライアン・キンセラ) は次のように語っています。 

「ガートナーより再び高い評価をいただいたことを光栄に思います。この評価は何よりも、マンハッタンがこれまで顧客との協力関係をしっかりと築いてきたこと、ならびに多くの業界で最も革新的かつ進歩的なサプライチェーンの実践者であったことを体現していると思っています。私たちは30年の実績の中で、顧客と共にイノベーションを進めていくことに最も尽力して来ましたが、その結果として、機能豊富で高度な設定を可能にしたWMSが世界中の企業に導入されました」

マンハッタンが提供するActive® Supply Chainスイートの主要製品である倉庫管理システム(WMS)は、物流センターがオムニチャネル市場に対応できることを目的として設計されています。 このソリューションにより、フルフィルメント・センターの運用効率を最大化するとともに、パフォーマンスの最適化も可能になります。

ガートナー免責事項:

ガートナーのリサーチに関する出版物に掲載された内容は、ガートナーが特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また、技術の利用者に対して、最高のレーティング、あるいはその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの出版物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を述べたものではありません。ガートナーは本リサーチに掲載された内容に関して、明示、黙示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

[1] WMSのマジック・クアドラントにおけるリーダ評価は2006年、2008年、2009年にマンハッタン・アソシエイツWM for Open Systemsとして、2010年と2012年~2014年にマンハッタン・アソシエイツWMOSとして、2016年~2019年にマンハッタン・アソシエイツとしてそれぞれ獲得。

マンハッタン・アソシエイツの最新の製品情報や顧客、パートナーに関するニュースは、LinkedIn Twitter および Facebook からご覧ください。

●マンハッタン・アソシエイツについて

マンハッタン・アソシエイツは、サプライチェーンとオムニチャネル分野のテクノロジーリーダー企業です。フロントエンドの販売プロセスとバックエンドのサプライチェーンの統合によって企業内外の情報を集約するとともに、先進のソフトウェア、プラットフォーム技術、および豊富な実績と経験が、お客様の成長と収益の確保を強力に支援します。
そして、最先端のクラウドならびにオンプレミス環境をベースに開発されたソリューションを、店舗、流通ネットワーク、物流センターに提供することで、オムニチャネル市場におけるビジネスを成功へと導きます。
詳細については www.manh.com/ja-jp をご参照ください。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために