プレスリリース

マンハッタン・アソシエイツ社、四半期ベースで過去最高の収益と利益を計上

2021年度通期の売上高およびEPSの見通しを上方修正

アトランタ, 2021年07月27日

サプライチェーンおよびオムニチャネル・コマース・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるマンハッタン・アソシエイツ・インク(Manhattan Associates Inc. (NASDAQ: MANH)は、2021年6月30日に終了した第2四半期の収益が166.1百万ドルであったことを報告しました。 2021年第2四半期のGAAPベースの希薄化後1株当たり利益は、2020年第2四半期の0.30ドルに対し、0.48ドルでした。 2021年第2四半期の非GAAP調整後の希薄化後1株当たり利益は、2020年第2四半期の0.40ドルに対し、0.61ドルでした。

マンハッタン・アソシエイツについて

マンハッタン・アソシエイツは、サプライチェーンとオムニチャンネルコマースにおける、テクノロジーのリーダーです。 フロントエンドセールスからバックエンド・サプライチェーンの実行に至るまで、企業全体にまたがる情報を統一します。 当社のソフトウェア、プラットフォーム技術、そして比類のない経験は、お客様のトップライン成長とボトムライン収益の両方を促進します。

マンハッタン・アソシエイツでは、最新のクラウドとオンプレミスのソリューションを設計、構築、そして提供することで店舗を横断して、そしてネットワーク全体、またはフルフィルメントセンターを通して、オムニチャネル商業界の恩恵を享受できるよう努力しております。 詳しくはこちら www.manh.com.

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために