在庫とフルフィルメントのプランニング・プロセスは、100年近くもの間変わっていません。熟練のフルフィルメントのプロが培った長年の経験と深い見識により、磨き上げられたアートというべきところまでに高めました。

これは、これまでの話です。

過去5年の間に、迅速かつ無料での配達という消費者要求への対応、フルフィルメント実行拠点に店舗も含まれるようになったこと、また利益拡大へのプレッシャーが、かつての認識を陳腐化させてしまいました。

オムニチャネル・イニシアチブに対応している小売業者や、物流改善に取り組んでいる企業にとっては、適切な在庫を顧客に公開するというだけでことが済むわけではありません。店舗パフォーマンスの過去実績、現行ビジネスボリューム、リソース負荷を考慮しつつ、返品在庫を最大限に活用しながら、値下げと在庫切れを最小限に抑えるには、リアルタイムかつインテリジェントな最適化が必要です。

Adaptive Netowork Fulfilment(ANF)はインテリジェントな最適化を用いて、フルフィルメント、運送、店舗、顧客に関わる多くのパラメータをリアルタイムで 評価して、店舗内のショッピング体験や店舗勤務者に与える影響を最小限に抑えつつ、オーダーの利益率と収益性を最大化します。

Adaptive Network Fulfilmentは、グローバル在庫の可視性と可用性ビューに加え、最適化されたソーシングを行うための、オムニチャネル小売業者にとって在庫パズルの最後の1ピースです。

そして、店舗はオムニチャネル小売業者のフルフィルメントネットワークで最も重要なコンポーネントの1つであることから、フルフィルメントのための物流センターとは対照的に店舗を使用する際の複雑さと相違点を調整する必要があります。店舗では、フルフィルメントにおける過去実績、スタッフの負荷、店舗内のトラフィック、在庫レベルなど、追加の検討事項の評価が必要です。

フルフィルメントにおいて店舗をどのように活用するかで、納品に掛かる時間の短縮、収益率の高い最適な在庫利用、サービスコミットメントの強化などのチャンスを得ることができます。店舗では、セール時、プロモーション、ピークシーズンなどでにフルフィルメント・キャパシティを拡大させ、店舗在庫やマークダウン商品を上手く活用し、オーダのマージンを拡大することができます 小売業者は、マークダウンのリスクやベンダー返品などを抑制し、当該商品がDCになくても近隣店舗から調達することで 販売機会損失を防ぎ、同時に顧客満足度を高めることもできます。

特徴 & 機能
最適化
  • サービスレベル、無料配送、クリアランスアイテム、顧客分類に基づいて最適化戦略を定義
  • マルチプルフルフィルメントを全体的に評価
  • 出荷/作業、キャパシティ、不良品発生率、在庫レベル、供給日数、販売価格、顧客との距離感などをフルフィルメントコストに変換
  • 施設間のフルフィルメント作業負荷を平準化
  • 余剰在庫に対処し店内の最後の在庫をプロテクトすることで、履歴拒否率、在庫精度、作業負荷を改善
  • 商品を値下げした店舗からの宅配。余剰在庫がある、あるいはフルフィルメント・キャパシティいっぱいなどのリアルタイムデータを元にインセンティブやディターレントを活用
  • 物流センターや、来店客数が多い店舗など、大量販売向けに設計された施設からのフルフィルメントを優先
理解と適応
  • 全体的なコスト内訳を含む各フルフィルメントの決定、および決定パラメータを表示
  • 1件のオーダ明細からリアルタイムのグローバルネットワークパフォーマンスまで表示
フルフィルメント
  • 物流センター、店舗、サプライヤーへの分散ネットワークへの注文経路決定とリアルタイムの状況追跡
  • 複雑なマージ・イン・トランジット(輸送中の荷合わせ出荷)を処理し、顧客への一括納入をサポート
  • ベンダーのドロップシップ・オーダーフルフィルメントを活用
  • フルフィルメントの機能停止、キャパシティ制約、および在庫保護への対応
あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために