可用性を向上させて精度を確実に

エンタープライズ在庫に可視性があると、小売業者はどのロケーションの在庫でも販売できるようになります。ただし、チャネルによっては特定のロケーションの在庫を販売できないようにする必要が出てくることもあります。例えば、オンライン注文のフルフィルメントが困難な店舗がある場合は、その店舗の在庫はオンライン販売から除外する必要があります。

小売業者が商品や注文、チャネルまたは顧客などの属性に基づいて動的に在庫ビューを提供できるようになれば、購入体験も改善されます。

可用在庫を自動的に選択

Manhattan Available to Commerceの技術は、ビジネス目標や運営上の制限に応じてManhattan Enterprise Inventoryのリアルタイムビューをフィルターする、前途有望なエンジンです。これにより、任意のコマースチャネルで表示される在庫は、ビジネス上の優先順位を満たし、かつ実現可能なものだけになっているようにすることができます。

在庫可用性ビューは、さまざまな要素に基づき定義そして構成できます。例えばチャネルや小売ブランド、配送方法、季節性、店舗キャパシティや能力、在庫のアクセス容易さ、在庫処分、そして安全在庫レベルなどです。すべての在庫可用性情報は、キャパシティ制限や店舗の供給停止などを考慮して、適切なチャネルに提供されます。

ダイナミックなビュー
  • さまざまな要素を基準に、在庫可用性に関するルールを素早く作成。例えば、販売チャネルや小売ブランド、配送方法、季節性、店舗キャパシティまたは能力、在庫へのアクセスし易さ、在庫処分、展示用在庫の法則性、安全在庫レベル、など
  • フルフィルメントの機能停止と店舗の作業負荷など、運営上の制約に基づいて自動的に可用性を管理
  • RESTベースのAPIを使って、外部からグローバルまたは特定の場所の在庫をシームレスに調整
  • リアルタイムな在庫検索を任意のチャネルに提供
  • 業務ルールに基づき、条件付きまたは自動的な商品代替を容易に設定
  • 飛び入り客の需要を満たせるよう、店舗在庫レベルの保護を容易に確保
  • 任意のチャネルの注文を自動的に確保し出荷日情報を公開

関連機能

Manhattan Active Omniがサプライチェーンをいかに統一しているかの詳細については、こちらからどうぞ。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために