非接触型のカーブサイドピックアップ

世界的な休業状態であれ、または小規模な業務上の障害であれ、市場の混乱はいつでも発生するものです。商業の業務における混乱緩和のための小売業者の適応能力は、今までになくその重要性が増加しています。

新型コロナウイルスのパンデミックによる接触制限により、オンライン購入+店舗受け取り(BOPIS)などのオムニチャネルの配送方法は、5月だけでも195%爆発的に増加しました1。各店舗での個別の受取り自体は、多くの場合これより多いため、この傾向は一向に弱まる気配はありません。

図1

 

近寄り過ぎずに顧客に近づく

非接触型のカーブサイドピックアップとは、店舗受取の一形態で、入店できないまたは入店を好まない顧客のために、顧客と店員の双方がコミュニケーションを取りながら、店員が直接的な接触をせずに注文を満たす直感的な方法です。

この非接触型のカーブサイドピックアップは、Manhattan Active Omni内でOrder Managementと店舗在庫 & フルフィルメントを統合することにより実現したもので、これにより小売業者は、少ない接触点で敏捷な配送オプションを提供することで接触リスクを下げることができます。

適応性あるエンゲージメント 
  • いつ集品、梱包、フルフィルメントすべきかを店員にダイナミックに通知 
  • 顧客の注文と受け取りに関するリアルタイムの可視性が自動的に有効に 
    • 受取りの順番待ちしている顧客を把握 
    • 待ち時間を分析 
    • アプリ内通信:車種、駐車位置など 
  • 受取りを迅速に確認、受取り確認署名のオプションもあり 

1: フォーブス誌

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために