Distribution Overview

倉庫と物流センターでの作業は、常に不明瞭な部分でした。変化は常に起きており、作業者と機器が最も効率よく動け、すべてがスムースに実行し続けるために、しっかりと統制された運用が求められています。

Eコマースが施設、従業員、自動化の成長を促進

Eコマースにより、物流ネットワークはサプライヤーの出荷口から顧客の玄関先にまで広がっています。店舗補充や卸販売を行っている物流センターでは、Eコマースをサポートするために改革が求められています。単品出荷から複数パレット出荷までのオーダレンジに対し、柔軟に対応出来なければなりません。

また増え続けるEコマースオーダを取り扱い、顧客からの短納期配送要望に応えるため、顧客商圏に近いロケーションに物流ハブが増設されています。ウォールストリートジャーナルは、「小売業者とロジスティクス会社は記録的なペースで倉庫を立ち上げている」と報告しています。

複雑さに追い討ちをかけるように、オンライン購入全体の30パーセントが返品されているという報告があります。このことは、より迅速な在庫処理・在庫の回復・顧客への返金が、企業にとって欠かせない能力であることを意味しています。

このようなユニークなEコマース注文プロファイルをサポートするために、倉庫ごとに必要な作業者数が増えております。ラーニングカーブの期間を短くし、新人でもすぐに作業成果を上げられるようにし、モバイルテクノロジーを活用した管理者を配置することは、現代の倉庫では必須事項になっています。

お客様にお約束いたします