従業員意欲を刺激そして促進する

マンハッタンの従業員エンゲージメントは、自己決定論から生まれました。それは、すべての人間が重要としている尺度を優先させ、そして最適化するものです。つまり、認知、フィードバック、幸福感、個人的な成長、満足感、健康、外向性、上司との関係、同僚との関係、そして会社との同調感、といったことです。 これらの特性を培うには、単にパフォーマンスデータを評価したり、成績の低い者を見つける以上のことをする必要があります。いったん、自分がわかっていると思っていることを忘れ、古い問題に対して新しいアプローチを活性化する必要があります。

マンハッタン・アソシエイツでは、真にエンゲージされた従業員は、意欲が高く、生産的で、満足していると考えています。そこで、そうした信念に基づき、そしてそれを従業員のコーチングや研修といった従来の枠組みをはるかに超えたところまで拡張させました。つまり、従業員の日々の業務と、動的な成績評価や課題、フィードバックそして報奨などとを単一のアプリに統合させることにより、意欲や満足感が今までにないほど高まるようにしているのです。

倉庫内でのゲーミフィケーション

マンハッタンの労務管理機能は、現代的なモバイルのタッチ体験と統合されているため、集品や荷造りそしてスロッティングといった日々の作業は、埋め込まれたゲーミフィケーションの技法とシームレスに一体化されます。それにより従業員は、それぞれの個人記録の達成が促されるようになっています。成績やスループット、また遅刻や活用度といった課題については、マイルストーン達成のバッジや報酬ポイントと組み合わせるという方法も可能です。そしてそのポイントは、デジタル市場で使って報奨品と交換したり、あるいは職場での評価に使用したりすることができます。この統一的な経験は、流通業界用の従業員エンゲージメントアプリケーションとしては、初めて商業的に提供されたものです。

こういった従業員エンゲージメント機能は、上司と従業員の日々のやり取りに替わるものとして作られているわけではありません。むしろ、上司がよりタイムリーで自動化された方法で、従業員に価値あるフィードバックを提供できるようにするためのものです。私たちがフィットネスアプリで経験するようなリアルタイムなパフォーマンスデータのように、この新しい従業員エンゲージメント機能は、大規模かつ複雑な業務環境下において、従業員への即時かつ継続的なフィードバックの必要性に応えるものです。この機能は、意欲や満足度、定着度そして生産性において真の向上を推進させるための第一歩になります。

労働力利用を最大化させる鍵は、単に生産性を測定する以上のことを行うことにあります。世界的な企業において、従業員が自律的な意欲で業績を向上きるよう、達成感と自信を与える従業員エンゲージメントプログラムの導入のお手伝いを、現在弊社では行っています。上司が、業績の低い従業員のコーチングにかける時間を削減できるだけでなく、それはより良い倉庫カルチャーと高効率の労働力に繋がるのです。成績が伸びれば、従業員の満足感と定着度も向上します。

関連ソリューション

Manhattan Active WMがサプライチェーンをいかに統一しているかの詳細については、こちらをご覧ください。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために