サプライチェーンの敏捷性は現代のビジネス環境で競合していくために欠かせません。それは優れた可視性や、物流センターへ配送中の商品のコントロールと捉えることもできるでしょう。小売業者にとっては、サードパーティの配送業者により店舗へ配送されている製品の確実なコントロールを意味するかもしれません。そのため企業はHub Managementを使用して可視性を得ることで、在庫が次の目的地に到着するまでの商品フローをコントロールしています。商品フローに関わるすべての施設をデジタルで接続することで、マンハッタンのHub Managementは、サプライチェーンの全ノードで単なる通過地点以上の役割を担い、複雑な物流プロセスを処理する能力を持たせることができます。

優れた可視性、効率の高い履行

マンハッタンのHub Managementソリューションは、高性能のモバイルテクノロジーにより、簡単かつ低予算で、サプライチェーン上の各拠点で倉庫と同等の業務の実行を可能にします。施設がどんなに小さくとも、また複雑であっても構いません。Hub Managementでは、サードパーティ物流プロバイダーから倉庫を通さず、店舗や最終顧客に直送を行うこともできます。

Hub Managementは、物流拠点、クロスドックセンター、在庫プールポイント、トランスロード施設、統合あるいは分割ポイントなど拠点タイプを問わず、サプライチェーン業務実行機能と可視性を提供します。

特徴 & 機能
  • スキャンによるLPN、パレット単位あるいは積荷単位での荷受け機能を提供
  • クロスドックやフロースルー作業をサポートする入出荷機能を可能に
  • OS&Dの追跡とレポート
  • ゾーンごとの在庫保管割当を可能に
  • ゾーンからゾーンへの在庫移動
  • 在庫監査プロセスで在庫精度を確保
  • 在庫ロックとホールド
  • スキャンベースのLPNおよびパレットの積み込み
  • サプライチェーン下流での荷受キャパシティを考慮した出荷量の調整
  • 全拠点でスキャンベースの正確な入荷処理を実現するための、出荷ラベルと出荷書類の標準化および統一
  • 店舗直送、顧客直送の活用により、オーダフルフィルメント時間短縮と、輸送費、人件費、在庫保有コスト削減を同時に実現
  • 3PLやハブ拠点で発生しうる「一時的な接続不能」の事態にモバイルサポートを提供
お客様にお約束いたします