従業員との関係を強化

オムニチャネルコマースによるカスタマーサービスへの高い期待、変動する需要、取扱SKU数増加、また1オーダあたりの少量化には、以前よりも高い従業員の生産性と効率性が求められます。しかし、Gallup Researchによると、アメリカ合衆国の70%の労働者との関係が改善されていなく、フルポテンシャルが発揮されていないと示されています。現代のスピードの早い経済では、作業者との関係強化が成功に欠かせません。これにより人件費を削減しながら、革新を推進し、生産性と最終収益率を上げることができます。

マンハッタンの労務管理ソリューションは、優れたパフォーマーに対する報奨金の推奨を行ったり、目標達成ができていない従業員に対するコーチングやトレーニングを行ったりすることにより、従業員とのエンゲージメントのギャップを埋めるためのシステムです。結果として労働力の効率化が行え、離職率低減、また倉庫内の生産性向上が図れます。

また労務管理は、マネージャーと管理者が作業量の予測をしたり、生産性の追跡や奨励金の計算もできるようにします。この使いやすいモバイルソリューションを使用して、管理者は倉庫内で費やす時間を増やすことができ、チームと交流し、障害を取り除くためにリアルタイムで対応し、業績の低い従業員に働きかけ、また業務が滞りなく実行できていることを確認できるようになります。

特徴 & 機能
  • 工学的作業標準に対するスタッフのパフォーマンス評価
  • コーチングや従業員との対話のための規範的なワークフローを活用
  • パフォーマンスを測定して評価するスコアカードに基づき、体系的なフィードバックを従業員に提供
  • 需要予測に基づき、残業やフルタイム/テンポラリー作業者の数を最適化
  • 管理者がもっとフロアで時間を費やせるようにするために、リアルタイムデータを用いた従業員の生産性やパフォーマンスのリアルタイムデータをモバイル機能として提供
  • 報奨金を計算し、給与システムへデータ送信
  • What-if分析による最適なスタッフ構成の決定
  • 出勤日、シフト、業務や担当場所により労働力を予測および計画

業務のパフォーマンスを強化

労務管理およびWMSの機能は、従来別々に構築されていましたが、マンハッタンのPerformance at Work構想はこれらをひとつに統合します。この密な統合によるひとつの共有データプラットフォームを使用し、実際のパフォーマンスを基にした目標をリアルタイムに計測できるようにしています。また重要なパフォーマンスデータへのアクセスが増加し、Performance at Work構想により従業員エンゲージメントが向上し、管理者効果も上がります。

お客様にお約束いたします