監督者が最も効果的に仕事をするためには、詳細なデータにリアルタイムでアクセスでき、オフィスでもフロアでもその情報に基づいてアクションを起こすことができる単一のツールが必要です。

コマンドとコントロール

統合コントロールは、組織内のすべてのディストリビューションノードとハブのパフォーマンスをネットワーク全体で要約することから始まり、印象的なビジュアル体験を提供します。 そしてサプライチェーン全体、または選択した設備に対して主要メトリクスが表示されます。

ASN(入庫事前通知)データに基づく全体的な入荷の状態や、注文に基づく出荷の状態に加え、各部門にログインしている各ユーザーや、目標に対する現在のパフォーマンスを表示する施設レベルの表示に素早く詳細を確認することができます。

各部門のパフォーマンスを見ることができ、ユーザーは稼働率、パフォーマンス、滞留時間などの主要な機器指標を掘り下げて見ることができます。 必要に応じて、配送の締め切り時間が近づいているためにリスクがある出荷注文などの例外領域について、通知がユーザーに警告されます。

上司はタップするだけで、パフォーマンスが低下している主要部門の状況を把握し、問題点とその原因となるタスクの詳細を明らかにすることができます。 タップするだけで、タスクを解放したり、別のユーザーにタスクを再割り当てするなどのアクションが簡単に行えます。

さらに、監督者は従業員のタイムラインを確認したり、観察やチームメンバーとのやりとりを記録したりすることができ、統合コントロールの画面から離れることはありません。

また、上司が特定の従業員を探す必要がある場合、倉庫のデジタルツインをマップ形式で表示することで、すべてのリソースがどこにあるかを把握できるだけでなく、人、機器、タスクなどの要素をマップ上で直接操作することができます。

統合コントロールは、最高レベルから最小のデータ要素に至るまで、流通ネットワークを完全に指揮・管理するものです。

関連ソリューション

Manhattan Active WMがサプライチェーンをいかに統一しているかの詳細については、こちらをご覧ください。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために