Warehouse Management

マンハッタンのWarehouse Managementは、倉庫管理システム(WMS)技術と最先端の高度なモバイル機能が標準で設定され、クラウドとオンプレミスのいずれでも使用できます。

Warehouse Managementは、業務を数学的に計画し高度な特許アルゴリズムを使用して作業スループットを上げ、在庫、労働力、スペース全体で情報を一致させ作業の最適化を実現します。

当社のモバイルアプリケーションは、労働管理システムとスロット最適化システムで共通に使用可能な機能を集約することで、効率的にオムニチャネルフルフィルメントを管理できるようになっています。

下記内容の実現を支援します。
  • 精度を高め、受注処理を効率化し、受注サイクルタイムを削減して、在庫管理全体を強化
  • 入出荷を合理化して、クロスドッキングを促進し、バックオーダに迅速に対応 
  • リアルタイムでパフォーマンスを可視化しながら、庫内作業者とのエンゲージメントを強化
  • 顧客満足度を高め、財務業績を向上させるために、在庫回転率を上げ、注文処理スピードを向上 
特徴 & 機能
  • クロスドック、入荷品質検査、ベンダーパフォーマンス管理など、入荷業務の合理化を促進する機能を提供 
  • 監査法人承認の循環棚卸機能により、コストのかかる実地棚卸業務を回避 
  • 付加価値サービス、ロット管理、シリアルナンバーの追跡、製品リコールなど、倉庫管理システムに求められる高度な機能をサポート 
  • オムニチャンネルやマルチテナント型フルフィルメントに対応 
  • ウェーブおよび/またはウェーブレスによる先進的オーダーフルフィルメント戦略の活用 
  • 最新のハンドヘルドモバイルデバイス、音声認識、および/またはシームレスなマテハン機器(MHE)との統合による情報連携の自動化機能を提供
  • WMSに内蔵された輸送実行機能を利用、または外部パーセルインテグレーション(EPI)フレームワークを活用して外部の輸配送システムと連携
  • Appointment Scheduling、Guard Check-in and Check-out、Dock Door ManagementおよびYard Management により、可視性、セキュリティ、スループットを向上
  • Slotting Optimizationで製品配置を改善し、Labor Managementで作業員のパフォーマンスを向上