記事

進化する倉庫:直面する、新しい日常

Ruben Braiter 〜によって
The Modern Warehouse: Welcome to the New Normal

法人企業 (B2B) は、出荷サイズが小さく、頻繁な出荷が必要になっています。 個人顧客 (B2C) は、さまざまな配送オプションで購入しています。さらに、低コストか無料で、より早い配達を期待しています。

配達時間が短くなり、配送費用が増加して複雑さが増しています。 EC化が進むなか、競争に勝つためには何をする必要があるのでしょう。

統合流通モデルへの移行

多くの倉庫は、最大の効率で大量の処理ができるように倉庫業務が設計されていることがほとんどです。出荷のためのバッチ処理を整えて、作業がリリースされると、倉庫の設備はフル稼働します。これは通常行われる「WAVE」といわれているバッチ処理です。とても有効なフルフィルメント手段ですし、とても重要です。しかし、絶えず変化する優先順位と出荷日に基づいて、正しい順序で、より頻繁に発生する注文をどうやって実行すればいいでしょう。どうすれば一貫した処理能力と許容量の最大化が図れるのでしょうか?

配送に失敗する戦略

法人企業向けの注文でも、電子商取引 (EC) の売上が伸び、個人向けの小規模注文のような対応が必要になってきました。いくつかの方法でこの新しい需要に応えようとしています。より多く従業員を雇うか、ピークシーズンを乗り切るために臨時でパートを雇います。当然、労働力の拡大は、コスト増につながります。また、新しい従業員が一人前に業務できるようになるまで、教育やトラブル対応などに時間がかかります。

より多く機器を購入することも一つのオプションです。ただし、設置、システムとの統合、メンテナンスなど、高くつきます。

ECと既存ビジネスを統合しようとしている企業の中には、大規模な投資をして、新たにEC用の流通センターを構築する場合もあります。これらすべての方法は、マージンに悪影響を及ぼします。また、それらは単なる応急処置的な対応 (バンドエイド) です – また、非常に高価なバンドエイドです。 

あるべき方向性

現状維持の状態で、購買パターンの変化に対応することには限界があります。変化する市場ニーズを満たしつつ、収益を維持する手段はあるのでしょうか。まだ、打ち手は残されています。それは、人材、設備、在庫の能力を最大限に活用する方法です。うまくやれば、さらに向上させることも可能です。

キーになるのは、オーダーストリーミングと呼ばれる、新しいフルフィルメント戦略を通じて、既存リソースを迅速で柔軟に活用し続けることです。小口のEC注文向けに対応できるように設計され、従来のWAVE (バッチ処理) を補完します。これらを活用することで、貴社を次の成長ステージへ後押します。PushPossible®

今後ブログでは、適切な倉庫管理ソリューションの特徴と、将来にむけて成功するフルフィルメントのありかたについて説明します。

フルフィルメント モデルを変えていくことは可能です。今後、その方法を提示していきたいと思います。 ※ 2018年8月15日のブログ記事 (英語) の抄訳です。 

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために