記事

在庫管理力: 店舗フルフィルメントを成功させるために重要な3つの能力

著者: Manhattan Staff,
Inventory Authority: Three Critical Business Capabilities for Achieving Store Fulfillment Success

オンライン購入、店舗での受け取り(BOPIS)、店舗から即日配達など、店舗フルフィルメントは、小売業でのオムニチャネルの最大の成功事例の1つです。買い物客は、特に迅速で無償だと、このサービスをとても好み、また需要もまだ伸びています。それに応じて、多くの小売業者が店舗をフルフィルメントの場所として準備しています。実際、小売業者の90%が、2021年までにBOPISを実装する予定と回答しています[i]

ただし、運用の観点からすると、慎重に実行しないと、店舗でのフルフィルメントで課題にぶつかることになります。この課題は、店舗在庫管理の機能分野で特に深刻です。信頼できるオムニチャネルの提供形態を構築するには、店舗在庫を正確に把握することが不可欠です。在庫の精度が低いと、オムニチャネル展開がブランドの評判を損なうなど、すぐに失敗する可能性があります。

小売業者が信頼できるオムニチャネルの提供形態を確立するためには、適切な在庫管理権限があるかが重要です。それを確認するため3つの重要な質問を次に示します。

  1. オンライン注文をサポートするために、全店舗の在庫を正確に把握できていますか?

デジタル時代では、店舗在庫はリアルタイムで新しいさまざまな方法で消費されます。店舗のフルフィルメントは、複雑さの新しいレイヤーを追加し、店舗が販売チャネルにリアルタイムの在庫情報を提供して、利用できないアイテムの受け取りを約束するなどのミスや無駄な作業を避ける必要があります。 そのため、店舗受取り(BOPIS)などのオムニチャネルサービスを拡大する場合、店舗を含むネットワーク全体の在庫すべての側面をグローバルに把握することを目指します。

オムニチャネルを成功させるためには、エンタープライズレベルの在庫機能を備えたオムニチャネル向けオーダー管理システム(OMS)の活用が重要になります。これは、店舗、輸送中、注文中、またはサードパーティが所有/発送する在庫など、企業内のあらゆるフルフィルメントの場所をカバーする在庫状況を完全かつリアルタイムで表示することができることがポイントです。すべての販売チャネルで完全な在庫情報を参照できるため、小売業者は自信を持って顧客に店舗での集荷または当日配達用の製品を注文するサービスを提供することができます。

  1. マージンを改善するために店舗在庫を最適に活用されていますか?

地元の店舗では、翌日配達のためのオンライン注文のフルフィルメントを処理するための在庫がある場合もありますが、これは注文を処理して顧客の約束を守るために最も有益な方法ではない可能性があります。小売業でのオムニチャネルでのフルフィルメントのサービスが成熟するにつれて、顧客の約束を守ることと収益性を改善することのバランスを取る必要がでてきます。例えば、翌日配達の注文では、ある店舗の在庫を別の店舗よりも優先して使って、数ある店舗の中の一店舗にある大量の在庫を使い果たすまで使い、費用のかかる値下げを回避する方が利益になるかもしれません。インテリジェントなフルフィルメント最適化機能を備えたオーダー管理システムは、在庫ネットワークの規模、複雑さ、トポロジーに関わらず、在庫可用性、制約、ビジネス状態を組み合わせてリアルタイムに評価します。これにより小売業者が利益性を向上させながら顧客との約束を履行できるように店舗在庫をフルフィルメントに利用する方法を最適化し続けることができます。

  1. 店舗運営で、在庫管理の精度を確保するために必要なツールを提供していますか?

小売業者の店舗チームとオペレーションは、正確な店舗在庫を把握してオムニチャネルのフルフィルメントサービスを提供する仕事の中心にいます。そのため、店舗在庫管理の作業をスピードアップし、煩雑な在庫データの入力手順を排除し、在庫精度を低下させるデータエラーを減らすツールを確保する必要があります。店舗の担当者が、店舗在庫管理のすべての側面を管理できるようにするモバイルベースの在庫管理アプリケーションは、在庫更新の適時性など、店舗在庫の精度を向上させることができます。

店舗在庫の精度を向上するための万能の策は、RFIDを用いた店舗在庫の追跡が良いでしょう。Auburn University のRFIDラボによると、小売業者がRFIDタグを使用して店舗在庫を利用可能にすると、店舗在庫の精度が99%を超え、従来の店舗在庫の精度は通常70%未満だったそうです。RFIDで最適化された店舗在庫データにより、店舗在庫管理が自動化され、小売業者がより迅速かつ非常に正確な在庫状況を販売チャネルに公開することができ、販売を向上することが出来ます。

小売業が、新たな挑戦に挑むとき

店舗でのフルフィルメントを導入または拡大すると、その会社全体の運営に大きな影響を与えることは事実です。しかし、革新的な小売業者はこれらの課題を克服し、正確で信頼性の高いサービスで顧客を満足させ、適切なテクノロジーとテクノロジーパートナーを選択して実現することができます。多くの小売業は、お客様が店舗受取りの際の店舗でのついで買いをチャンスと捉えています。IMRGの調査によると、消費者の40%がクリックアンドコレクト注文のために来店したときに別の購入をするとのことです。

多くの肯定的な結果がありますが、店舗のフルフィルメントを開始または拡大する前に、慎重に計画し、業務運用上の負荷なく、顧客を満足させて、持続的な成長と経験を維持することです。我々のアドバイスは Manhattan Active™ Omni のような最新の小売業向けパッケージテクノロジーを駆使することです。


[i] Zebra、2017 Global Retail Vision Study: Reinventing Retail

※ 2019年5月30日のブログ記事 (英語) の抄訳です。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために