ケーススタディー

BlueStar社、Manhattan SCALE™で効率化を実現

BlueStar improves efficiency with Manhattan SCALE™

2018年の夏、BlueStar社のEuropeは物流業務のインソース化を決定し、2019年にはアイントホーフェンの真新しい物流センターに移転しました。 ここでは、効率を高め、生産性を向上させ、新入社員の入社までの時間を最小限に抑えるスマートイノベーションと新技術を統合しています。

より効率的な内製化

2012年以降、EMEA地域の物流業務は、オランダのヴェルドホーフェンにある倉庫で行われ、物流パートナーと協力して注文を処理していました。 「しかし、このオペレーションは社内でより効率的に行うことができると確信していました。 お客様へのサービスをさらに向上させることができました。」とBlueStar EuropeのEMEA COOであるManel Baranera氏は言います。

新しいロジスティックセンターは、効率化の目標を迅速に達成することが求められました。 半年以内に、施設、スタッフ、設備、ロジスティクスのセットアップ、関連プロセス、倉庫管理システムなど、グリーンフィールドプロジェクト全体を稼働させる必要がありました。

あなたのお客様へ無事に商品をお届けするために