Appointment Scheduling

サプライヤー、キャリア、3PL間での密なコラボレーションは、サプライチェーンの効率を向上させるために非常に重要です。Appointment Schedulingを使用して、キャリアとサプライヤーに倉庫への納品や集荷のセルフスケジューリング機能を提供し、時間が掛かる倉庫側でのマニュアルプロセスを排除し、遅延や間違いを防止します。さらに入出荷予約スケジュールと、倉庫の作業要員、出荷要員、および車両管理者を注意深くコーディネートすることで、物流費の主たる3つのファクター、人件費、運送費、在庫保有コストをしっかりとコントロールする能力を向上できます。

生産性を向上し、コンプライアンス遵守を強化

運送会社とのアポイント・スケジューリングに不備があると、作業労働力不足や、非効率な積み下ろし、また不必要な車両滞留時間が発生します。当社のAppointment Schedulingソリューションでは、運送会社やサプライヤーが簡単に配送のセルフスケジューリングを行なえます。これにより倉庫側では、生産性の向上、労働力の平準化、スケジュール通りの進行を可能にし、労務法規に準拠できるようにサポートします。

特徴 & 機能
  • 短時間でより多くの入出荷作業が行なえ、遅延やチャージバックを防ぎます
  • リソース、サービスニーズおよび積荷の内容に応じて、予約時間を推奨します
  • アポイントメントの設定とドックドアへのリソースの割り当てが円滑に行なえるよう、システムによる推奨時間算出をサポート
  • 運送会社が確実に米国や欧州の労働規定、またはその他の法規に準拠できるようにします
  • セルフサービスで出荷スケジュールを設定するための EDI またはウェブのインターフェースが用意されています
  • 守衛所での留置時間や荷積み/荷卸しに掛った時間をトラッキングできます
  • 配送日やオーダ内容、ドック・キャパシティ、倉庫キャパシティ、そして必要作業要員をベースに自動的に積荷時間を算出
  • シフト間で負荷分散し、必要作業要員を調整